他人から自分がどんなキャラで見られているのか不安

どーも、テッシーです。

 

良く友達や同僚などとお話をしていると

他の人のことを話題にするときに分かりやすい表現方法として

キャラクターってあるじゃないですか。

 

「あいつって〇〇なキャラだよな」って

その人の特徴などを一言で簡単に表現できますよね。

 

それで、みんなが瞬間的に

「あー、そうだね」と頭の中にその特徴が浮かんできて

その人のイキイキとした表情や仕草などが見えてきますよね。

 

それって僕はとても大事なことだと思ってます。

なぜなら、他の人に覚えていてもらえる喜びや

そして、そこに自分が居なくても存在感を醸し出してることです。

 

 

しかし、コンプレックスを持っている人からすると

それは大問題に発展します。

考えるだけで寒気がして、

何をしているときにでも片時も頭から不安が離れず

場合によっては夜も眠れません。

 

 

コンプレックスの塊の僕らにとって悪夢

そう、僕たちのようなコンプレックスの塊のような人が

「〇〇キャラ」て言われているのを想像すると

ものすごくイヤな気持ちになりますよね。

まるで悪夢です。

 

それは、

「〇〇キャラ」が自分のコンプレックスのことを言われてて

話題に出されて笑われて・バカにされているんじゃないかと

思ってしまうからですよね。

 

でも、もしそのコンプレックスを話題に出されていたとしても

他人ってそんなに気にしていないんですよね。

 

ただその時の皆で楽しむための話題が欲しかっただけで

だれもあなたのことを責めようと非難しようとしていないということです。

 

 

そんな話題を話したあと、数分もすればすっかり話題も変わり

あなたのコンプレックスのことなんて誰も覚えていません。

し、あなたも絶対そういう経験があるはずです。

 

 

友達同士でも、その場にいない人の話題で盛り上がり

楽しい時間を過ごしたりストレスを解消しているんです。

悪気があって言ってる場合はほとんどありません。

よほど皆から嫌われていない限りですが。。。

 

どんなキャラと思われても気にするな

そう、そこで皆からどんなキャラだと思われているか

なんて考えていたら疲れるだけです。

 

ムダに不安がって、ムダに怖がって、ムダに眠れない。

 

そんなこと気にしても意味がないですよね。

だって、誰も気にしていないから。

みんなだって自分のことで精一杯なんですよ。

 

あなたのコンプレックスだけを話題にしてバカにしてるわけではないので。

そんな暇ではないのです、みんな。

 

他人が自分をどんなキャラだと思おうが関係ない。

逆に、「〇〇キャラ」が自分の存在感を出してくれているんだな位の

心の余裕を持っていきましょうよ!

ポジティブの方が楽しいじゃないですか。

 

では、ありがとうございました。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です