行動できない原因は爬虫類脳にあった

行動できない原因は脳にある

行動ができない・行動したいのに続かない。誰しもある悩みだと思います。

そんな悩みを誰かに言うと「行動するには根性だ」「気合いでやるしかない」そんな精神論で終わってしまいます。そんなことを聞いても結局行動できませんよね。

 

行動ができない自分に凹み、落ち込み、自信をなくす人も多いかもしれません。「やっぱり俺はダメなんだ」と自己嫌悪してしまいがちです。

 

実は、行動ができない仕組みを僕ら人間の脳がもっているんですね。それを三位一体脳といいます。初めて聞く方もいらっしゃるかもしれませんね。

僕らは行動ができなくて当たり前なのです。その答えを脳科学的にお話します。

 

それで、三位一体脳とは何かからお伝えしていきましょう。

 

三位一体脳

人間の脳は、大きく分けて3つの脳に分けることができます。

1、人間脳・・・大脳新皮質

2、哺乳類脳(ほにゅうるい脳)・・・大脳辺縁系

3、爬虫類脳(はちゅうるい脳)・・・脳幹

アメリカのポール・マクリーン博士が脳を三層に分け「三位一体脳」として提唱しました。

イメージ図だと下記のような感じです。

で、どういうことかというと、それぞれの脳によって任されていることが違い、それぞれ独自の考え方をもっているということです。

強引に大げさに言ってしまうと、3種類の考え方をもつ脳ミソが僕らの脳に入っているということです。

では、一つずつ説明していきましょう。

 

1、人間脳は「考える脳」です。言語や思考や論理・イメージなど人間がもっている高度なモノを司ります。

2、哺乳類脳は「感じる脳」です。好き嫌いの感情や海馬などの記憶、認知での意味づけなどを司ります。

3、爬虫類脳は「生きるための脳」です。心臓を動かしたり呼吸をしたり生理現象だったり反射的反応など、生きるために必要な生命維持活動。つまり本能を司っています。

 

それで、僕ら人間は爬虫類脳を被せるように哺乳類脳が発達し、哺乳類脳に被せるように人間脳が発達してきました。大きく見ると一つの脳ですが、3つそれぞれ役割が違うんですね。三位一体脳といわれる所以です。

 

それぞれが3つの違う役割なため、

3つの脳がそれぞれ独自の考えをもっていると思ってもらえると分かりやすいです。

 

この役割分担が僕らが行動できない理由となります。

なぜなら、3つの脳には「決まった命令系統(命令の流れ方)」があるからです。

命令の仕組み

どんな流れで行動しようと思うのか。ちょっと見てみましょう。

 

行動に移す流れ  人間脳 ⇒ 哺乳類脳 ⇒ 爬虫類脳

 

まず、人間脳が「〇〇をすれば未来はこうなるはず!」と想像し行動しようとします。すると、それに反応した哺乳類脳が「ちょっとまて」と昔の失敗した記憶を蘇られせ不安や恐怖・焦りなどの感情を呼び起こします。

で、不安や恐怖をコントロールするべく「人間脳 ⇒ 哺乳類脳」へ落ちつけと命令します。ですが、感情をうまくコントロールできません。

感情がコントロールできないのには、理由があります。いくら人間脳がコントロールしようと命令しても哺乳類脳には効きません。

実は、脳の命令系統は逆なんです。

 

命令系統の強さ  人間脳  哺乳類脳 < 爬虫類脳

 

このように、命令では爬虫類脳である本能が一番強いんですね。人間脳が一番頭が良いんですが、一番弱いんです。爬虫類脳(本能)の命令には絶対服従させられます。

 

これが行動ができない原因です。分かりやすく知っていただくために、例え話をちょっとしてみたいと思います。

 

えば、美容院にいったことがないので美容院にいきたいとき。

人間脳でイメチェンのためにどうするかを考えて「美容院へ行く」と決めます。でも、哺乳類脳から「ちょっとまて」と昔の記憶を探し始めます。しかし過去に美容院へは行ったことがありません。

すると「やばい、初めてだから何が起こるか分からないぞ」と不安や恐怖という感情がうまれ、人間脳に影響を及ぼします。

そして「なんか怖いしメンドイから今度でいっか」という考えになります。つまり、いつもの安売り店で髪をカットしに行くんですね。

それで後日「行動できない俺はダメなやつだ」と落ち込むんです。

 

ただ美容室に行くだけなのに、頭の中ではこんな考えや感情が起きてしまうのです。違った場面でも、こういう感じになるのではないでしょうか。

 

人間脳は一番頭がいいのですが、一番弱い存在でもあります。

では、どうすればうまくいくのでしょうか。

 

爬虫類脳に働きかける

さきほど、一番の命令系統は爬虫類脳だと言いました。なので、実際行動できる自分になるには爬虫類脳に直接働きかける必要があります。

爬虫類脳はシンプルな行動パターンなので、上手に働きかけることができれば今までと違った命令パターンになってくれます。人間が爬虫類脳を使っている部分を変えていくということです。

 

例えば、先ほどの例で美容院へ行きたければ。

書店で雑誌を立ち読みしたり、ホットペッパーで口コミをみたり、ネットで「メンズ髪型」「〇〇市美容院」とか検索してみたり、一度下見にいってみたり美容院に対して意識を向けていくんですね。

少しずつ美容院に対して抵抗感をなくしていくこと。いきなり行こうとするから壁が高くなって行動できなくなります。簡単なことから変えていくことです。

 

 

例えば、毎日ジョギングをしたいけど行動できない。

最初は、週に1回でいいから10分間でも歩く。慣れてきたら20分に増やしてみる。次に週3回にする。次にジョギングにしてみる。で、週5回や毎日の習慣にする。など

もしくは、ジョギングのジャージを買いに行く。めざまし時計をセットする。寝る前にジャージを枕元に準備しておく。ジャージに着替えてみる。こんな些細なことでもOKです。

 

いきなり毎日ジョギングしようとすると哺乳類脳がジャマをするので、爬虫類脳にちょっとずつ変化を加えていく。簡単なことから変えていくことです。

 

このように小さなステップにして壁を低くする。つまりベビーステップ赤ちゃんでもハイハイで越えられそうな壁にしていくということです。

 

そして、行動をするからモチベーションがあがります。爬虫類脳のためのベビーステップの行動により哺乳類脳が影響され、やる気やモチベーションがあがるんです。

「モチベーションがあがらないから行動できません。」というのは逆なんですね。

 

行動するからモチベーションがあがります。(覚えておいて損はありません)

 

まとめ

・行動できないのは脳にある

・脳は3つの階層がある。(人間脳・哺乳類脳・爬虫類脳)

・命令系統は 人間脳 < 哺乳類脳 < 爬虫類脳

・だから爬虫類脳にベビーステップでアプローチする。

・行動するからモチベーションがあがる

「失敗」と「まちがい」、行動するために必要なこととは?

2016.11.04

 

 

・他人とうまくコミュニケーションが取れなくて行動できない人は参考にしてください。

コミュ障の治し方!7つのチェックリストと、5つの克服法

2017.04.08

 

応援しています!

では、また

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




5 件のコメント

    • えいこりんさん、コメントありがとうございます。

      ちょっと長くなったので、メールにて送らせて頂きました。
      お時間のあるとき、ご確認下さい。

  • 女を抱きたい、たくさん食べたい
    なども爬虫類脳ですね。

    この爬虫類脳に勝つ事が出来れば
    人生は簡単に成功します!

    • りょうさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りだと思います。
      人間の3大欲求はパワフルですよねー。

      そうですね、うまく爬虫類脳と付き合いながら
      成功に向けて頑張りたいものですね!
      ありがとうございました^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です