部下とのコミュニケーション術を月9コードブルーから学ぶ

今回は、部下とのコミュニケーション術の取り方を月9ドラマのコードブルーから学んでみました。

具体的には、部下のやる気を出す方法と同時に上手な褒め方をコードブルーを見ていて気付いたのでお伝えしたいなと思います。

月9コードブルーとは

月9で絶賛放送中のコードブルーはサードシーズンみたいですね。前作から7年後が舞台になっています。僕は残念ながらコードブルーの1と2を見てはいません。再放送でチラッとチラ見した程度です。

 

月9ドラマのコードブルーとは、救命救急がある病院が舞台のドクターヘリが登場する、フライトドクターが活躍する医療ドラマです。

今回のコードブルーを見ていて、僕はフライトドクターを「医者の海猿」という印象をもっています。いろんな災害があって、現場に駆けつけその場で緊急治療を施す姿をみると単純に「スゲーな」って思います。

部下を持つ社会人必見!

で、前作と違って山Pとかガッキーは一番下のフェロー(研修医的な感じ)ではなく、先輩医師として後輩の指導をする立場になっています。

彼らの後輩の3人のフェローたちはみんな頼りがいがなく、オドオドしていたり、何をしていいのか分からずボーっとしてたりします。

 

一見、コードブルーはただの医療ドラマに見えますが、その頼りないフェローたちを立派に育て上げるのがドラマを通して僕らに伝えてくれるんじゃないかと思います。

このフェローを育てるという「部下への教育」という観点で今回僕が気付いた一つをお話していきます。

部下とのコミュニケーションが難しい

今は時代が変わって昔のように叱って罵って育てるという手法が通用しなくなっています。

きっとあなたも肌で感じているのではないでしょうか。

実は僕も叱られるのが超絶ダメで、叱られるとシュンとしてしまいますw自分では分かっているんですが、僕は褒められて伸びるタイプなのです(笑)

 

コードブルーでは、

ガッキーはみんなに優しく丁寧に一つずつ教えている姿が印象深く、なんとなく今の時代に沿った教育方法なんだろうなと感じていました。ちょっと優しすぎる点もありますがね。

一方、

山Pは厳しすぎる上司として活躍しています。山Pと組んでいるフェロー(新木優子)が困っていても突き放す言動をしたり、情け容赦ない言葉で身も心もをズタボロにします。

僕的にはちょっとやりすぎだなと、山Pに怒りが芽生えました(笑)ガッキーと山Pがちょうど対局にある感じです。女神と悪魔的な(笑)

 

でも、悪魔的な山Pもフェローに育ってほしいという気持ちがあるから、あえて強く接しているのを第2話の最後に感じ取ることができました。

これが、部下とのコミュニケーションで大事な褒め方だったのです。

部下をやる気にさせる褒め方

山Pがフェロー(新木優子)に対して強く接していたのは、早く一人前になってほしいからです。そのため、ドクターヘリで3人の患者すべてをフェローに任せて、自分は補佐役になりました。

そこで、いろんなハプニングが起こり、フェローは初めてヘリ内で緊急手術をすることになります。

なんとかガッキーの遠隔サポートもあり手術は成功し、病室で患者についていたフェローは山Pと遭遇します。

 

そのときの山Pの褒め方が参考になるのです。

どんな褒め方かといいますと、詳しい内容は覚えてないのですが、最初に「できていない所」を指摘します。するとフェローは下をうつむき「はい」とシュンとします。

その「できていない所」を2,3か所を言った後、自然に「できている所」を言います。この自然にがポイントです。

最後に「よくやった」と言葉を残し、山Pは去っていくのですが、この褒め方が最高なのです。

 

フェロー(新木優子)は最初はキョトンとしていましたが、褒められたのが分かると笑顔ではしゃぎ、やる気が上がったのでした。

なぜ、はしゃいでしまうのかというと、最初いつものように怒られてしまうと思っているフェローが、最後にはなぜか褒められているというギャップがあるからです。

 

普通に褒められると僕らはだれでも嬉しいですよね。

でも、最初に叱られてから褒められると、感情の落差(ギャップ)があるので、いつも以上に嬉しい気持ちになるのです。

ふだんから山Pは冷たい態度ですから、なおさらでしょう。僕もちょっと涙腺がヤバそうになってしまいました(笑)今回、一つの成長の物語を見た気がします。

まとめ

部下とのコミュニケーションがこのドラマの側面でもあるとお話しました。

部下を育てなければいけない上司はいろんな苦悩があると思います。時代が違うので感性も違いますしね。飲みにいこーぜと誘っても、あまり来ないでしょうし(笑)

もしかすると仕事上でしかコミュニケーションを取るしかないのかもしれません。

そんなとき、コードブルーの山Pみたいなギャップのある褒め方を一つの参考にできるなと僕は思いました。

最初に「できていない所」を話してから「できている所」を褒める、ギャップ褒めを一度試してみて下さい。

コードブルーっておもしろいですねー!次回が楽しみになりました。

 

応援しています。

では、また。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です