【ショック!】いい人は”どうでもいい人”だった

「いい人」のウラに隠された真実!

自分の周りに「いい人」っていると思います。

 

何でも言うことを聞いてくれる人。常に相手のことを考えてくれている人。何かイヤなことがあっても何も文句も言わず笑顔でいる人。

などなど、

そんな「いい人」は表面上では良い印象があると思います。

 

もしかすると「いい人」って自分のことだなと思い「ニヤッ」と微笑んだりしていませんか?もしそうだとしたら、ちょっとヤバイですよ!

 

 

内気だったり引っ込み思案など性格が弱い人の多くが、他人に対して自分の意見を言うことができない。僕もあなたも自分を出さないのが優しさなんだ。

 

そんな、自分は「いい人」だから皆から好かれて人間関係は良好だ!

 

「いい人」と呼ばれている人はそんな勘違いをしてしまいがちです(汗)

 

その勘違いのせいで他人にうまく使われているかもしれません。人間関係がうまくいっていると思い込んでいるのは、あなただけなのかも。

もしそうだとしたら、怖いですよね。この”勘違い”を詳しく説明していきます!

 

 

人とのコミュニケーションガラッと変えたい人におすすめです。

コミュニケーションと会話術の違いを知り、印象コミュニケーションを磨く

2017.01.05

いい人が陥る勘違い

いい人と言われる人の多くが陥る勘違いがあります。

相手からしてみると、「いい人」という存在は、相手にとって有利になったり相手方の利益になったりするので表面上は笑顔で接してくれます。

 

その相手の表面上の笑顔に自分も嬉しくなって、「自分は役に立っているんだ」という勘違いが起こります。

この「いい人」と呼ばれることが人間関係を構築するのに大事なんだ、という勘違いを起こしやすくしてしまいます。

 

どういうことかというと、

 

例えば、会社内で同僚とAくんとの会話から。

同僚
ねえ、ちょっと明日までの資料が終わらないから、今日の残業手伝ってくれない?
Aくん
(断るのが気まずいし)・・・はい、いいですよ!

 

同僚
ありがとう(ニコッ)

 

と、本当はAくんには今日の夜デートの予定があるのに、同僚の残業を手伝ってあげるとします。同僚との人間関係を壊したくないという気持ちから渋々残業をすることとなります。

すると、同僚からは「いい人」という評価がされます。普通だったら、いい人間関係がある職場だなという話で終わるはずです。

 

しかし、この同僚は仕事をサボる癖がありそのツケが回って来て残業になったのです。同僚からするとAくんのような天使はいません。なんでも言う事を聞いてくれる天使なのです。

天使がいるから、それに甘えて同僚のサボりクセも直りません。

そんなAくんの「いい人」は果たして「本当にいい人」なのでしょうか?

 

たった3時間で頑張らずに自分を変える方法を知りたい方は他にいませんか?

⇒ たった3時間で自分を変える方法を試してみる

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です