自信には2種類あることを知っていましたか?それを知らないと・・・

 

自分に自信をつけるために、小さな成功体験を積んでいることでしょう。自信と言えば、小さな成功体験ですもんね。

僕は、小さな成功体験を積み重ねた自信のことを「外側の自信」と定義しています。

 

外側の自信とは

自分が何かしらの行動を起こして、目に見える結果・感じられる結果が手に入ったとき、小さな成功体験を積んだということになります。

例えば、女性に声をかけてみた。仕事でお客さんに喜んでもらった。上司に褒められた。一年間風邪を引かなかった。今日も笑顔でいられた。資格試験に合格した。上手に食事を作れた。など

 

自分が行動をして、ある程度満足いく結果が出たとき、小さな成功体験として認識しますよね。

その小さな成功体験を見て感じるので、自分に自信が出てきます。

外側の自信とは、自分以外のコトに良い変化があったときに自信がつくことを指します。

 

ですが、小さな成功体験だけにフォーカスしてしまうと、自信が崩壊する危険があります。

 

小さな成功体験でついた自信が崩壊する

外側の自信だけに頼ってしまうと、自信が崩壊する瞬間が必ず訪れます。

外側ということは、他人が関係してくるので「他人との比較」が始まってしまうのです。

 

先ほどの例だと、女性に声をかけてみた。とありますが、

自分なりに勇気を出して、毎日、会社の同僚の美人OLに声をかけているとします。

自分
こ、こんにちは〇〇さん。今日も天気がいいですね

と声をかけて小さな成功体験を積んだと思っていたとしても、突然、横から同僚のモテ男が現れ、自分にガツンとぶつかってこられてしまい、「おおっと」とよろけていると

モテ男
ねえ〇〇、週末合コン行かない?良いメンバーいるんだよね

と、あっさり美人OLを横取りされてしまい、モテ男と美女の世界を作られてしまい、自分なんて存在していないような空間になってしまったら凹むでしょう。

 

勇気を出して小さな成功体験を積んだのに、モテ男の成功体験には敵わない(涙)

 

そんな気持ちに陥り、「小さな成功体験は何だったんだ!」と怒りに震えるかもしれませんし、「やっぱり俺はダメな人間だ」と落ち込んで自信をなくすかもしれません。

 

これは、どういうことかというと、自分とモテ男を比較してしまっているんですね。

外側にある”女性に声をかける質”というレベルの違いを比較して、自信をなくしてしまうんです。

 

これは、仕事でも同じですし、人間関係でも同じです。自分よりも成功体験が上の人を見ると、萎縮してネガティブな感情を抱いてしまいます。

これが、小さな成功体験にフォーカスした自信が崩壊するということです。

 

では、自信の崩壊を防ぐことはできるのか?

全部を防ぐことは難しいと思います。が、最低限にすることはできると思います。

 

それが、「内側の自信」をつけることです。

内側の自信とは

先ほど、自分以外のコトに良い変化があったときに自信がつくことが外側の自信とお話しました。

では、内側の自信とはその逆で、自分の内面から沸いてくるポジティブな感情を認識することです。

 

例えば、女性に声をかけれた。で言いますと

「モテ男が美女をさらっていったとしても、結婚はしないんだから、まあいいや」

「俺だって、女性に声をかけることはできるんだ、やればできるんだ、さすが俺!」

「今日は、天気の話まで行けたから、また違うことも話せるはずだ。何か話題を見つけよう」

こんな前向きな思考パターンになることです。

 

モテ男が言った言葉ではなく、自分ができたことにフォーカスしていますよね。10の失敗ではなく、1の成功にフォーカスして下さい。

 

ポジティブな感情があると、ネガティブな感情は出てこなくなります。

つまり、「ありがとう」と感謝しながら、「このやろー」とは思わないということです。あなたも感謝と怒りの感情って同時に起きないと思います。

 

この意識づけがマジで大事です。この繰り返しが、強固な自信を作り上げていきます。ただ、結果が目に見えにくいし相手から感じることが少ないので、時間がかかるのが難点です。

 

でも、コツコツ積み上げていくことで崩壊しない自信を手に入れられます。

 

外側の自信と内側の自信は車の両輪

外側の自信を悪者扱いにしているように見えるかもしれませんが、外側の自信はものすごく大事です。

外側の自信と内側の自信は車の両輪みたいなものです。どちらかがないと、車は走りません。

 

僕らは、時間がかかることをコツコツ続けていくことは難しいですよね。自信だって同じです。

即効性のある自信構築をして、つまり外側の自信をつけながら内側の自信をつけていくことが大事になります。

 

ほとんどの人は、外側の自信だけ、小さな成功体験だけにフォーカスしているから自分が変われないと嘆くのです。外側の自信をつけながら、内側の自信をコツコツつけていきましょう!

 

まとめ

・自信は、「外側の自信」 と 「内側の自信」 がある。

・小さな成功体験だけにフォーカスするのは危険。

・10の失敗より1の成功「自分ができたこと」にフォーカスするクセをつけましょう

・外側の自信と内側の自信は、車の両輪。どちらも必要。

 

※自信をつけるために役に立つと思います!

自分の中から沸いてくる「自信」を見つける方法

2016.12.07

自信をもつために必須な「ある感情」とは

2016.02.20

 

応援しています!

では、また

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です