行動できないのは過去の〇〇を思い出してしまうから

行動が続かない・できない人

僕らが行動しようと努力しているのに、なぜか行動が続かず自分に自信をなくしたり落ち込んでしまうことがありますよね。それは、行動しようとするときに自然と過去の経験が蘇ってしまうことがあげられます。

理想の自分になるために行動しようとすると、必ず過去の自分を思い出します。

それは過去に失敗してしまったことだったり、周りの人に「あなたはこういう人間でしょ」と決めつけられてしまったり。ときに小さな成功体験もあるかもしれません。

 

ですが、大部分は失敗した経験やネガティブな感情が入った経験を思い出します。

 

すると、行動してもムダになるんじゃないだろうか、結果が出ずみんなからバカにされて恥ずかしい思いをするんじゃないだろうか。そんな不安や恐怖が生まれてしまいます。

過去の自分のパフォーマンスに引っ張られて、未来の自分を想像してしまうんですね。

だから、行動に移すことができなくなります。

 

では、その行動に移せない根本にある原因はなんでしょうか?

 

行動に移せない根本原因とは

過去のパフォーマンスに引っ張られて、未来の自分を想像するといいました。その根本にある考えをシェアしたいと思います。その考えとは、

過去の自分=未来の自分

どういうことかというと、

今までの自分がこうだったから(過去の自分)=きっと未来もこうだろう(未来の自分)と。

 

この「過去の自分=未来の自分」という考え方を無意識に僕らはしてしまいます。分かりやすい例として年収があると思います。

例えば、

【今の年収が300万だから、このままだと老後どうやって暮らしていくんだろう。】

今の年収を基本として考えて、マイホームを建てるためにどうしようとか、老後の年金を計算して「足りないわ」と将来に多くの不安を抱えてしまいます。

この考えのベースには「今までの会社」「今までの自分」「今までの家族」といった”今まで”に焦点を当てて考えています。今後なにも変化が起きないのが前提なんですね。良いも悪いも含めて。

 

別な例だと、

【俺は女性にはモテないから、どうやって結婚すればいいんだろう。】

これも今までの自分の外見や内面だけで判断して、どうしてイケメンじゃないんだ、なぜ女性の前だと緊張して顔が真っ赤になるんだとか、どうせ俺はモテないしと卑下したり「今までの外見」「今までの内面」「今までの考え方」を基本にしています。

”今まで”がずーっと続くだろうと思い漠然と将来の不安を抱えてしまいます。

僕もイケメンじゃないから仕方ない、身長が低いから厳しいなとか、吃音だからムリだなとか「今までの自分」にフォーカスして未来を悲観していました。

 

つまり、過去に起こったことがこれからも続くだろうと予想してしまっているんですね。この考え方のクセに気づくのが大事です。

 

自分は変われるんだという気持ちをもつ

「過去の自分=未来の自分」という考えをもってしまうことに気づくのが大事です。

自分の考え方に気づけたら、そこで初めて「じゃ、どうしたらいいんだろう」と改善しようかなという気持ちが沸いてきます。

で、どんな考えを持てばいいのかというと

自分は変われるんだ!という強い気持ちをもつことです。

 

僕は、過去の失敗経験をよく思い出して凹むのが得意でした。仕事でのミス・人間関係での恐怖・吃音で言葉が出せない自分への悔しさなど。あげればきりがないですが、常に劣等感の塊でした。

僕は、過去を引きずりまくって未来の自分に悪影響を及ぼしていたんですね。

そこで僕はこんな考え方をするようにしました。すると「自分は変われるんだ!」という気持ちが少しずつ湧き出てくるようになったのです。その考え方とは、

 

過去は終わったこと

僕はどんなことでも「過去は終わったこと」と考えるように心がけました。もちろん全て完璧にそう考えて常に冷静な判断を下せることは難しいです。僕だって人間なので、イライラしたり呆れたり悔しかったりします。

でも、過去のことを感情に任せてほじくりかえしても何も良いことは生まれません。過去の失敗から教訓は学ぶべきですが、終わったことに執着しても、、、、ねぇ。

 

「過去は終わったこと」と考えるようにすると、心も安定するし今後のことに意識が向いていきます。「ま、いっか」と僕は良く言いますが、それはこれからきているんですね。

 

最後に

この自分は変われるんだ!という気持ちをもつことで、やっと行動できる自分のスタートラインに立てると僕は思います。

今まで行動ができずに悩んでいた方は、過去の自分に引きずられている可能性が高いと思います。過去の自分のパフォーマンスに引っ張られて、未来の自分を想像してしまうということです。

過去を切り離し、よくマンガにでてくる囚人のような脚についてる鉄球を取り外してみてください。行動するために足腰が軽くなると思いますよ!

 

応援しています。

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です