キャバ嬢・美女との会話で必須なコトはテクニックではない

俺、キャバ初体験

一月は新年会の時期ですね。忘年会の時期はだれでも忙しいので、新年会に集まる機会も最近は増えた気がします。僕も多聞にもれず先日仙台へ出かけ新年会に参加してきました。

その仙台での新年会の2次会で初めてキャバクラに行ってきました。僕の住む地域は田舎なのでスナックはありますがキャバクラは見かけません。2次会がキャバクラと急に決まったので、楽しみでドキドキしながらキャバクラの初体験をしました。

で、キャバ嬢との会話において大事な気づきがありましたのでシェアしたいなと思います。ちなみに女性が見たらイヤな気持ちになるかもしれませんので女性はページを閉じてくださいね。

 

キャバクラでは、一人ずつ順番に計二人の女の子が僕の隣につきました。途中の会話は割愛しますが、最初の女の子には「初めてそんなこと言われました~」「めっちゃ話しやすい」「私ばかりこんなに話してごめんなさい^^」と言われ、後についた女の子には着席早々「なんか他の人と違う面白さがありますね^^」「なんだろ・・・大きく包んでくれる包容感があります」などあまり覚えていませんが、そんなことを言ってくれました。

まあ、多少営業トークもあるんでしょうが、表情を見るとどちらの女の子も本気で楽しんでくれたみたいなので僕は満足でした。

 

こういうと「なんだ!ただの自慢かよ!」と思うかもしれません。そうではなく、なぜ初めて行ったキャバクラで接客のプロのキャバ嬢を楽しませたのか、ということに着目して頂きたいです。

キャバ嬢は艶やかなミニスカドレスでばっちりメイクをして髪もゆるふわカールでかなりかわいいです。普通は緊張とかしてしまいます。美女ならなおさらです。そんな美女が隣に座って一緒にお酒を飲むとしたらどう接しますか?

 

おそらく、僕らがまず考えてしまうのは、連絡先を交換したりアフターをとりつけるため、モテる会話術や女性を落とすテクニックをどう繰り出すかだと思います。ですが、大事なのはテクニックではありません。大事なのは根底にあるマインドセットです。

 

女性とうまく話せない

女性とうまく話せません。女性の前に出ると緊張して体が固まります。など男友達なら普通に話ができるのに相手が女性になると途端に無口になったり、オドオドしてしまう人も意外と多いと思います。僕も以前はそんな感じでした。

その原因として「自分に自信がない」ということがあげられます。自分に自信がないからこの女性とは釣り合わないと勝手に想像し決めつけているんですね。女性のキレイな見た目だけを切り取り、自分の外見と比べ「どうせ、俺にはムリ」と決めつけてしまいます。

さらに「この女性に気に入られたい」「優しくして喜んでもらおう」「怒らせたら終わってしまう」といった下心が自然と出てしまうので、下手にでてしまいます。

 

つまり自分<女性という考え方になってしまっています。

 

仕事やプライベートで出会いがないため、この考え方を引きずってキャバクラやスナックに行き、夜の蝶をゲットしようとお金をたくさん落として頑張るわけです。どうせゲットするなら美女がいいですもんね。でも、うまくいかない。このうまくいかない原因はマインドセットにあります。

 

キャバ嬢でも普通のOLさんでも学生さん相手でも、女性とうまく話せなくて悩んでいることで共通しているのはマインドセットです。

 

自分に対する自信のなさや女性を過大評価しているから、女性からするとその男性は頼りがいがなく見えてしまいます。女性は本能的に自分よりも強いオスを求めています。今までのマインドセットでは逆に女性が上になってしまっているので、いくら会話力をあげても結果に結びつかないんですね。

 

女性との関係性を良くしたいならマインドセットを逆転させなければいけません。

つまり、自分>女性にするということです。

ですが、いきなり立場を逆転するのは難しいと思います。高い壁が立ちはだかってしまうので行動ができません。なので、せめて相手の女性と対等になることが先決です。そのためのマインドセットをご紹介します。

 

化粧を落としたら残念になる

僕も美女を目の前にしたら心臓がドキドキします。自然と嫌われないように行動しようとしてしまいます。で、そんなとき僕のもっているマインドセットを一つシェアしますので参考にして下さい。(女性が見たら怒りそうですが、モテ男を増やすためなのでご了承ください)

 

今回のキャバ嬢も好みだったので一瞬心が揺れました。ですがふと我に返り「化粧を落としたら残念になる」このマインドセットが発動しました。

どんな美女でも今は着飾っているけど、すっぴんは残念なんだろうなと思うことです。そう思うと自然と落ち着きを取り戻すんですね。キレイになるために頑張っているんですよ、美女も。

このマインドセットをインストールすることで自分に余裕が生まれます。その余裕があることで、自然と会話ができたり色々なテクニックを華麗に繰り出すことができるんです。マインドセットや余裕からテクニックが生まれるといってもいいでしょうね。

女性の前でうまく話せないことで悩むとき取り組むべきなのは、会話術やテクニックを学ぶのではなく、マインドセットを書き換えることになるのではないでしょうか。

 

自分<女性

  ↓

自分=女性

 

まずはこのように自分と女性を対等にすることで、女性に下手に出てしまうクセを調整することが大事になると僕は思います。まずは会社の同僚やすれ違う女性に対して「化粧を落としたら残念になる」と考える練習をしてみてもいいのかなと思います。すべてはマインドセットから始まりますので。

 

応援しています。

では、また。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です