他人を認める・自分が認められるたった1つの真実とは

認めるとは?

僕らは自分を認め・他人を認めながら社会生活を送っているはずです。他人を認めてあげるのは大事です、とよく聞く言葉かもしれませんね。

僕も昔ある勉強会で「お互いを認め合うのは大事」ということをよく聞きました。

 

では、認めるとはどういうことでしょうか?

 

僕は、認めるとは「存在を受け入れる」ということだと思います。存在を受け入れるとは、その相手の人間性のいい所も悪い所もひっくるめて、「この人はこういう人間なんだ」と受け入れることです。

 

そう、相手の良い所も悪い所も受け入れることで、自分の心が寛大になれます。

すると、相手へイライラしたりビビッてしまったりと余計な人間関係の摩擦がなくなるため、人間関係がスムーズにいきやすくなるということです。

 

ょっと違った見方をすると、

「自分の人生に悪影響がないから仲良くしてもいいよ」という許可を相手へ与えるとも言えると思います。

 

なんかこう表現すると認めることが上認められることが下。というイメージを持たれるかもしれませんね。でも違うのです。

 

なぜなら、自分の人生の主人公は自分であるように、相手の人生の主人公は相手なんです。

相手があなたを認めることの「決定権」は相手が持っています。

だから、強制的に自分を認めさせることはできないのです。

 

自分の外見が悪く誰からも認められない人は参考にしてください。

ブサイクでもモテる男になれる7つの方法とは

2017.06.10

 

相手の人生は誰のもの?

相手の人生はその相手の人のものなので、相手が”自分を認めてくれる”という表現が僕はしっくりきます。

相手も同じ人間で平等な立場なので。じゃないと、相手の存在を下に見てしまうからです。

 

「おい、お前。俺様のことを認めろ!」

 

これは自己中心的で危険な考えだと思うんですね。こんな人と付き合いたいと思わないですよね?

だから、相手に認めてもらうというスタンスが大事です。

 

でも、同じ”認めてもらう”でも相手からあなたへ

相手 → あなた

「ぜひ、認めさせて下さい」と相手から寄ってきてくれる感じ。つまり引き寄せることができれば最高だなと思います。

で、相手を引き寄せるにはある力が必要になるんですが、それが好印象」と「自分への自信」だと思うんですね。

 

そして、好印象や自分に対する自信の質が高ければ高いほど、余裕のある態度や雰囲気を醸し出します。

これが本能的魅力となり人を惹きつけ離さない。すなわち自分にとって良い人を「引き寄せる」ということなんですね。

 

今回はテーマが「認める」なので、魅力や引き寄せなどは割愛しますがそういうことです。

 

話を戻します。じゃー、そもそもどうして認める必要があるのでしょうか。

 

なぜ、認める必要があるのか?

冒頭、認めるとは「相手の存在を受け止める」と言いました。なぜ認める必要があるのかは、人間がもつ本能にヒントが隠されています。その本能は生存本能です。

僕ら人間は、昔からお互い支え合って生きてきました。人間は一人では生きていけませんよね。原始時代から続く集団生活の中で、長生きするために非力な人間は力を合わせてきました。

 

獣が君臨するジャングルや山などで生き残るために、石で作ったヤリや斧をもち男達は複数人で連携して食料を調達したり、帰るべき場所を守るために女達は調理やコミュニケーションを磨いて連携していたり。

 

個では決して強くない僕らは、集団をつくることで原始時代を生き延びてきました。それがDNAに深く深く刻み込まれています。

 

そのDNAが「助け合って生きろ」と命令を下すため、今の僕らも原始時代に創られたDNAの命令に従ってしまいます。

なので、他人と関わることが必要になってくるんですね。

「そんな人付き合いなんてイヤだ」と現代人の僕らが大昔に創られたDNAに対抗しようとしてもムダなんです。何十万年と積み重ねてきた歴史が違いますので。

 

そもそも人間は社会的な生き物なので、誰かと関わることが欠かせません。人間が「個vs個」では他の肉食動物などに負けてしまうからですね。

 

ると、自分の命を長生きさせるためには他の人の協力が必要になることが分かります。

 

あなたも僕も「友達」「仲間」がいるように、

同じような考え方をもって同じ価値観を持っている人と一緒にいると何をするにも心強いですよね。お互い理解しあっていればすぐ助けることができます。

 

その仲間づくりのために「他人を認める」ということが必要になってくるんです。現代は自分の意志で自由に仲間づくりができるので、とても恵まれた環境なんですよね。

 

自分の価値観に近く仲間になりそうな人を見て感じて、自分の人生に関わってもいいよと許可を与えること。(見て感じてというのは、印象や自信の部分になります。)

 

それが他人を認めるということだと思うんです。

それが自分のセルフイメージや価値観の向上につながる。そこが本質なんだろうなと。

 

では、僕らが他人に認められるには何が必要なのでしょうか?

相手の自己重要感を上げる

つい先ほども言いましたが、「自分のセルフイメージや価値観を向上させてくれるのか」これがキモです。

つまり、「相手の人の自己重要感を上げること」これを僕らができれば、相手に認めてもらうことができます。相手にとってはいい話ですからね。

 

自己重要感とは、「自分に価値があると自分で認識している状態」です。生きるエネルギーとも言われます。

 

具体的には、例え相手が自分に自信がなくても

 

「誰かの役に立てているんだ」「感謝をもらえる人間なんだ」「自分がいることで誰かを守れるんだ」こんなポジティブな感情を自分自身に持てていることです。

 

この感情をあなたが相手へ与えることができること。

 

相手からすると「この人は自分のセルフイメージや価値観を向上してもらえる」と相手に思ってもらえば、相手から認めてほしいと寄ってくるでしょう。勝手に引き寄せられるということです。

 

そのくらい自分のセルフイメージを高めて、認めてもらう相手を自分で選べる選択肢を持てる状態が望ましいと思います。

 

 

それと、もしあなたと相手が同じようなセルフイメージや価値観だと、お互い切磋琢磨して成長していける関係性になりますので。

 

もしも、お互いのセルフイメージや価値観が違いすぎる場合、認めることはできないので自然と縁もなくなっていきます。

あなたも人生で出会った全ての人と付き合いがあるわけではありませんよね。そういうことです。

他人からの評価で自分が磨かれる

切磋琢磨したり相手から認められ尊敬されることにより、目に見えて自分の評価がわかるので自信につながるんですね。

やっぱり自分の中だけでは完結はしないのです。他人からの評価で自分が磨かれるので。

 

言い換えると、他人に必要とされることが僕ら人間の本質だと思います。

他人から認めれることは、必要とされていることと同じなので僕らは自信をもつことができるんですね。相手の人生に関わることのできる幸せとも言えるかもしれません。

 

で、

これが外側の結果を見て内側の感情が高まるということです。

「もっといい人間になろう」「もっと成長してレベルの高い人に認められたい」「自分は間違ってないんだ」という自信につながります。

 

その自信を行動エネルギーに変換して、さらに良い結果へとつながります。

 

そんなあなたの行動や結果を見て、周囲の人間もさらに頑張り成長し続けることのできる素晴らしい人間関係を築くことができます。

 

まとめ

認めるとは、存在を受け入れ「自分の人生に関係してもいいよ」という許可。

・あなたの人生の主人公はあなたのように、相手の人生の主人公は相手。

・セルフイメージや価値観を向上するためにお互いを認める。

相手の自己重要感をあげることが大事。そして自分も磨かれる。

ぜひ、認め合うことで素敵な人間関係・そして人生にしていきたいですね。

 

今回とは違った目線で、コミュニケーションの本質を語りました。

コミュニケーションの極意は相手の自己肯定感・自己重要感を高めること

2017.03.27

 

外見に自信がなく誰からも認められない人に役立つと思います。

ブサイクでもモテる男になれる7つの方法とは

2017.06.10

 

応援しています。

では、また

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です