他人を認める・自分が認められるたった1つの真実とは




相手の自己重要感を上げる

つい先ほども言いましたが、「自分のセルフイメージや価値観を向上させてくれるのか」これがキモです。

つまり、「相手の人の自己重要感を上げること」これを僕らができれば、相手に認めてもらうことができます。相手にとってはいい話ですからね。

 

自己重要感とは、「自分に価値があると自分で認識している状態」です。生きるエネルギーとも言われます。

 

具体的には、例え相手が自分に自信がなくても

 

「誰かの役に立てているんだ」「感謝をもらえる人間なんだ」「自分がいることで誰かを守れるんだ」こんなポジティブな感情を自分自身に持てていることです。

 

この感情をあなたが相手へ与えることができること。

 

相手からすると「この人は自分のセルフイメージや価値観を向上してもらえる」と相手に思ってもらえば、相手から認めてほしいと寄ってくるでしょう。勝手に引き寄せられるということです。

 

そのくらい自分のセルフイメージを高めて、認めてもらう相手を自分で選べる選択肢を持てる状態が望ましいと思います。

 

 

それと、もしあなたと相手が同じようなセルフイメージや価値観だと、お互い切磋琢磨して成長していける関係性になりますので。

 

もしも、お互いのセルフイメージや価値観が違いすぎる場合、認めることはできないので自然と縁もなくなっていきます。

あなたも人生で出会った全ての人と付き合いがあるわけではありませんよね。そういうことです。

他人からの評価で自分が磨かれる

切磋琢磨したり相手から認められ尊敬されることにより、目に見えて自分の評価がわかるので自信につながるんですね。

やっぱり自分の中だけでは完結はしないのです。他人からの評価で自分が磨かれるので。

 

言い換えると、他人に必要とされることが僕ら人間の本質だと思います。

他人から認めれることは、必要とされていることと同じなので僕らは自信をもつことができるんですね。相手の人生に関わることのできる幸せとも言えるかもしれません。

 

で、

これが外側の結果を見て内側の感情が高まるということです。

「もっといい人間になろう」「もっと成長してレベルの高い人に認められたい」「自分は間違ってないんだ」という自信につながります。

 

その自信を行動エネルギーに変換して、さらに良い結果へとつながります。

 

そんなあなたの行動や結果を見て、周囲の人間もさらに頑張り成長し続けることのできる素晴らしい人間関係を築くことができます。

 

まとめ

認めるとは、存在を受け入れ「自分の人生に関係してもいいよ」という許可。

・あなたの人生の主人公はあなたのように、相手の人生の主人公は相手。

・セルフイメージや価値観を向上するためにお互いを認める。

相手の自己重要感をあげることが大事。そして自分も磨かれる。

ぜひ、認め合うことで素敵な人間関係・そして人生にしていきたいですね。

 

今回とは違った目線で、コミュニケーションの本質を語りました。

コミュニケーションの極意は相手の自己肯定感・自己重要感を高めること

2017.03.27

 

外見に自信がなく誰からも認められない人に役立つと思います。

ブサイクでもモテる男になれる7つの方法とは

2017.06.10

 

応援しています。

では、また

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です