猫背を直す前に!自信をつける姿勢と健康のための姿勢の違いとは?

猫背が多い日本人

僕ら現代人、特に日本人は猫背が多いとされています。猫背の原因として、仕事でパソコン作業が多かったり、スキマ時間にスマホを使ってSNSやスマホゲームをして前屈みになっているのが最初に思いあたりますよね。

さらに、未来に希望が持てなかったり老後が心配でいつも下をうつむいて歩いてしまう。自分に自信がもてなくて毎日つまらないから上なんて見れない。そんな生活習慣の積み重ねが原因の人もいることでしょう。

 

猫背は現代の職業病でもあり、モノが豊かだからこそ心の貧しさが引き起こす問題でもあると僕は思います。

 

誰でも子供の頃は、親や先生から「背筋を伸ばしなさい」と言われたことはあるでしょう。しかし90%以上の人は聞き流して終わっていたはずです。そのつけが大人になってやってくるのです。僕のように。

 

僕は身長にコンプレックスがあったので、身長をごまかすために猫背になりました。さらにファミコン世代でテレビゲームが大好きだったので生活習慣が悪く猫背でした。まあ、他にもいろいろあったかもしれませんね。

そのつけが、35歳をすぎたあたりに健康問題として表面化しました。実際に健康問題として表面化したから僕が姿勢にフォーカスするきっかけになったんですね。

誰でも姿勢を正すのは大事だと分かっていながら、今は何も不便を感じていないから華麗にスルーしてしまいます。姿勢を正すことを実行しているのはまだまだごく少数だなと僕は感じます。

では、知っているけど見たくないであろう猫背の問題点を見ていきましょう。

 

 

猫背の問題点

猫背でいることで心と体に悪影響が及ぼします。まず、元気が出ないことが一番でしょう。

どうしても下をうつむいているとやる気や覇気が出てきません。

さらに他人の目から見ても元気があるように見えないし、「できる人」と思われることがありません。パッと見で残念な人になってしまいます。

 

つまり第一印象が悪いということです。あなたも社会人の猫背の人がバリバリ仕事をしている人を見たことがないと思います。

第一印象が悪い人と人間関係を築きたいとは思いませんよね。

 

そして、背骨が歪み体のあちこちにコリや痛みが現れてきます。背骨はゆるやかなS字カーブを描いていて、正しい姿勢であれば体は適切な状態を保つことができます。

 

すが猫背の人は、前屈みがクセになってしまうため背骨の一番上にある首の骨(頸椎)が前の方に歪んでしまいます。すると、背骨の下にある腰の骨(腰椎)に悪影響を及ぼします。

 

背骨はつながっているので首の骨が歪むと腰の骨にまで影響してしまいます。猫背でいるだけで体の色んなところが悲鳴をあげてしまうのです。

 

だから、心と体のバランスを整えるためにも、第一印象を整えるためにも姿勢を正すのが大事なんですね。

 

で、姿勢には「自信をつける姿勢」「健康のための良い姿勢」が大きくわけて2つあると思っていて、それぞれに違いがあると思っています。その違いを今から説明していきたいと思います。

 

自信をつける姿勢

誰もが「背筋をピンと伸ばす(ピンと張りなさい)」と言うと思います。子供の頃、親や先生や親戚の人などに言われてきたと思います。実はこれが「自信をつける姿勢」だと僕は思っています。

 

「自信をつける姿勢」は短期的に使えると言えます。なぜなら「自信をつける姿勢」には長所と短所があるからです。長所を活かすことを考えると短期的な使い方が良いと僕は思います。

では、長所と短所をみていきます。

 

長所

長所は、瞬間的に背筋をピンと伸ばし、胸を張ることでなんとなく自信がわいてきます。誰もが経験したことがあると思います。お笑い芸人のオードリーの春日さんなんかがいい例ですよね(笑)

自分の中から自信が沸き、前向きな気持ちがもてます。

周りから見ても「なんとなく自信がありそうだな」と思ってもらうことができます。頼りがいがありそうだし、仕事もできような雰囲気を醸し出すことができます。

 

短所

短所は、筋肉が疲れてしまうので長時間保てません。

意識的に背中や胸の筋肉を動かしてしまうため筋肉が強張ります。筋肉がストレスや緊張でコリ・痛みになったり血流が悪くなるので冷えを招くことが多いのです。

 

せっかく姿勢を正して自信がついたのに、筋肉にダメージを与えては元の子もないですよね。

 

そのため、「背筋をピンと伸ばす(張った)姿勢」は今ちょっと自信がほしい、緊張する商談の前に心を整えたい、仕事に取り掛かる前のスタートにしたい、など短期的な使い方が好ましいと思います。

 

では、次に「健康のための姿勢」の説明に入ります。下の図を参考にしてください。

 

健康のための姿勢

猫背のままでは、背骨が歪んでしまい体のあちこちに悪影響が出てしまいます。なので、姿勢を正して本来の僕らのあるべき姿にしていくことが大事です。

 

「健康のための姿勢」は今のところ長所しか見当たりません。こちらは長期的な使い方、つまり日常生活で使うことがいいと思います。

 

短所といえば、うーん、めちゃ自信があるとは見られないこと、やる気がグイッとは沸いてこないくらいですかね(笑)やっぱそこは、「自信をつける姿勢」の方が使えます。

 

で、「健康のための姿勢」で大事なのは「リラックス」です。体に力を入れず自然体でいること。

先ほどの「自信をつける姿勢」では、意識的に背筋や胸の筋肉を動かして自信をつけましたが、筋肉に力が入ってますよね。その力を緩めるのです。

 

無理やり自分の中から力を沸かすのではなく、自然に身を任せるイメージです。もちろん猫背のままでリラックスしても猫背になってしまうので、正しい姿勢にすることが一番最初です。

 

よく言われる「頭のてっぺんから糸で自分が吊られている」状態ですね。体の力を抜いてリラックスしているため長期的な使い方ができます。

最近テレビに出ている星野源さんやイチローさんが良い例かなと思います。

 

猫背の状態から「健康のための姿勢」になるまでの間は、猫背のクセがあるため少し大変かもしれませんが慣れてしまうまでです。実際やれば分かりますが楽になるはずです。

 

姿勢の使いかた

今回は「自信をつける姿勢」「健康のための姿勢」の違いを説明しました。

 

自信をつける姿勢は、「背筋をピンと伸ばす」ということ。短期的な使いかたがいいです。今すぐ自信がほしいとき、緊張や不安を和らげたいとき、物事のスタートダッシュをしたいときなど。

 

健康のための姿勢は、「頭のてっぺんから糸で自分が吊られている」状態。長期的な使いかた(日常生活)がいいです。体の力を抜いてリラックスし背骨や筋肉に負担をかけないので健康に役立ちます。

 

ぜひ、自分の姿勢を一度見つめ直して頂ければと思います。

猫背がクセになっていないか。肩こりや腰痛の原因はもしかして姿勢かもしれない。などあなたの「人生の質」をあげる上で何かのお役に立てたら嬉しいです。

 

 

そして、

第一印象の改善で次に大事なのが「髪型」です。即効性があってセルフイメージも上がります。

→ 第一印象を良くするには髪型を変えてみる

 

応援しています。

では、また

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です