行動しないことのデメリットを考えよう

勉強熱心なあなたは、いつも本やメルマガなどを読んで

自分を高める努力をしていると思います。

ネガティブなマイナス思考な方は、ポジティブなプラス思考へ。

へタレな自分を変えたい方は、理想的な自分像へ。

 

常に最新の知識を頭に投入して

知識というタンスの引き出しがたくさん増えているはずです。

 

でも、変わりたいのに変われないという現実があるのではないですか?

せっかく自己啓発書やビジネス書、いろんなメールマガジンを読んで

良い知識をインプットするものの、なかなか現実が変わらないという

やり切れない気持ちがあると思います。

 

有名な人や億万長者になった方の知識を学んで

自分の現実を変えるんだ!と息巻いているものの

一向に変わらない現実に愕然とする気持ちも分かります。

 

 

あなたは現実が変わらない原因をご存じですか?

大きな原因は「行動してないこと」なんです。

 

行動したい、でもできない

そうですよね。行動しないと!と頭では分かっているつもりでも

いざ「やろう」とすると腰が重くなって行動できませんよね。

 

行動するには、先が見えない不安感や恐怖感と戦う必要があります。

この不安感や恐怖感に負けてしまい結局行動できずじまいではありませんか?

でも、ここを克服しないといつまでたっても行動できません。

現実を変えられない人の共通点はここにあると僕は思います。

 

 

ここで、行動するために少し違った側面から考えてみましょう。

 

行動しないと自分にどんな悪いことが起きてしまうのか?

 

これをちょっと考えてみて欲しいなと思います。

「行動しない」という結果が自分にどんな悪いことを起こしてしまうのか。

この視点を持つと行動する勇気が沸いてくるのではないかと思います。

 

まず、行動して結果を出せば現実が変わるのは想像できますよね。

でも実際はなかなか行動が出来ず息苦しい日々を過ごしている。

 

もうこんなジレンマはさっさと卒業してしまいましょう。

 

行動しないことのデメリット

行動しないことのデメリットを考えてみたいと思います。

 

行動しないことで、まず結果が変わりません。

いつもと同じ日々が続き、いつもと同じ悶々とした気持ちが続きます。

これが、今のあなたの現実だと思います。

 

結果がいつまでも出ないことってずっと続けられますか?

ムリですよね。僕はムリです。

このモヤモヤした気持ちはいつまで続くんだろう。

将来もしかして死ぬまでこれが続くんじゃないだろうか。

こんな気持ちになると思います。

 

そんな自分を変えようと現実を変えようと頑張っている意識が高いあなたが

逆に自分を苦しめていることになってしまうのはイヤですよね。

僕もそれは絶対イヤです。し、

実は現状維持のつもりでも右肩下がりに現実が悪い方へ変わっていきます。

 

そう、行動しないことで現実が変わらないだけではないのです。

このまま水平線では続かず、下降線をたどることになります。

現状維持じゃないってことです。

 

実は、これって気づいていない人が多いんじゃないかなと僕は思います。

 

実際、人間は歳をとって老化していくし

身の回りの環境だって色々変わっていくし

今がずーっとは続かないんですね。

 

このままいったら下降線になるといったデメリットを打破するには

「行動する」という選択しかない。と強く思うのです。

行動して結果が変わって現実が少しずつ変わっていく。

これが人間の成長じゃないでしょうか。

 

まとめ

インプットだけじゃなく、行動しましょ。

こちらの記事も参考にしてみてください⇒マイナス思考の人が行動するときに大切なこと

 

シンプルですがこれが最強だと思います。

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です