消極的な性格が全て悪ではない。その理由とは

 

今の自分の性格が消極的すぎる。それがイヤで自分を変えたいと思っている。

でも頭では分かっているんだけど、実際どうすればいいのか分からない。そんな気持ちありませんか。

 

僕も元々消極的な性格なので気持ちは分かります。

何かをしようかなと思っていても、腰が重く行動できない自分に気づきますよね。

 

そこで僕はふと考えたことがあるんですが、なぜ自分が消極的なのか。

というか消極的がイヤなのはなんでだろうって考えたことがあります。

 

世間的には消極的な性格は悪みたいな風潮ですよね。

はたして本当にそうでしょうか。

 

消極的な人がもつ別な顔?

消極的な人の原因は様々あると思います。

で、改善したほうがいい良くある原因は後日お話しますが、ココだけの話あまり皆が気づきにくい側面があることに気づきました。

それは何か?

 

 

僕が思うに消極的な人って「他人に遠慮をしてしまう」性質があるのかなと思います。

自分なんかがやって大丈夫なんだろうか。他の人に迷惑が掛からないだろうか。

 

など、他人の気持ちを察してイヤな思いをさせたくないという感情があって消極的になってしまうケースがあるんじゃないのかなと思いました。

で、良い風に言うと「優しさ」があるということかなと。

 

優しさが悪いということはありませんよね。優しさってめっちゃ大事です。

でも、それに気付かず消極的な人が自分をイヤになってしまう出来事ってあると思います。

 

例えば、自分だけが別にしなくても良いことがありますよね。仕事や自分のイベントだと自分が中心のため積極的に物事に対処しなければいけません。

 

が、飲み会の幹事役だったり盛り上げるためのトークとかが今パッと浮かんだんですが、それらを「する」か「しない」かの選択ができる時、

自然と「優しい自分」が顔を出して相手がイヤな気分にならないように考えてしまい、つい消極的な行為に至ってしまう。

なんかそのケースもあるのかなと考えたんですね。

 

優しさが先行し他人のことを思いやってしまい行動するのにブレーキがかかってしまう。

それが消極的な人の別な一面ではないだろうか、と。 うん、そんな気がします。

優しい自分に気付く

その優しい自分に気付かないから、消極的だという現実だけを受け止めてしまい「自分はダメなやつだ」「もっと積極的にならないと」と自己否定などをしてしまうのかなと。

 

なので、消極的は悪いといった世間の常識に囚われないで下さい。

この「優しさ」がある自分に気付くことが大事ではないのかなと思いました。

 

なんか「優しさがある自分」がいる、こんな考え方をすると消極的な自分がいるんだけど、その別な一面には優しさもあることが分かる。

すると消極的な性格が完全な悪ではない!と思うことができますよね。

 

僕も今これを書いていて感情の変化に気付いたんですが、なんだろ、心が「フッ」と軽くなるような気がしてきました。

 

もうイジイジするのはおしまい

どうでしょう、たぶん多くの人は気づきにくい側面だったんじゃないでしょうか。おそらく精神的にも楽になってくると思います。

消極的だからといって自分を責めず、消極的な性格にでさえ良い面はあるんだなと認識することが大切です。

 

毎日、ネガティブなことを考えてイジイジする生活はおしまいにしましょ。

消極的な自分、優しさがある自分、最高です。いいじゃないですか。

あなたの魅力が一つ増えたことになりますね。

 

 

消極的な性格をまた違った角度から考え、消極的な性格な人が改善するべきある原因をお話しました。

消極的な性格の人は必見!ある原因を改善しないとヤバイです

2015.11.02

 

応援しています。

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です