働きがいがある会社が求められている。その理由とは?

ある牛丼チェーン店の求人広告とあるアパレルチェーン店の求人広告を見て

今の日本人の働き方に変化があることに気付きました。

前々から言われていたことなんですが、改めて再認識することができました。

 

働き方が変わったとはどういうことか?

 

働き方が変わった

僕らは、何かしらの仕事をして給料をもらい日々の生活を営んでいます。

仕事に働く意味を見出して熱心に働く人もいれば、

ただ給料が欲しいだけで働く人もいます。

 

今の日本はご存じの通り、これまで常識だった年功序列が少しずつ崩れてきていて

成果主義に変わったり、労働環境の流動化が進んできました。

 

労働環境の流動化が日常的になってきた現在では、

一人の人間が一つの会社で定年まで勤め上げるのが難しくなっています。

それは、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなどの

非正規雇用が増えたので、人件費のかかる正社員が減ったからです。

 

逆にいうと、僕らは色んな仕事を選べる選択肢もあるしチャレンジだって

出来る環境ですよね。

 

それをチャンスとみた各企業が優秀な人財を獲得するために出す

アピールポイントは企業のネームバリューもありますが、

「時給」や「月給」といったお金が大半を占めますよね。

 

しかし、今はお金だけでは優秀な人は集まらなくなりました。

 

僕らの価値観はお金以外のところに変わってきました。

では、どういう風に変わってきたのか?

 

 

働きがいを求める

この豊かな日本では、僕らが働くためには「働きがい」が必要で、

これがコアな部分だなと僕は感じました。

冒頭のある牛丼チェーン店やアパレルチェーン店の求人広告を見たとき

「働きがい」をテーマにした作りになっています。

 

元々あった求人広告を覚えていたんですが、

「スタッフ募集 アルバイト 時給〇〇〇円 若干名」こんな感じです。

しかも文字だけがデカデカと書かれたポスターが店の前に貼ってあるんです。

 

で、今は

「社員が笑顔で接客している写真が複数枚、笑顔で楽しい職場です的な

求人広告を見た人にイメージをさせるキャッチフレーズ 時給〇〇〇円」

求職者に自分が働いている場面を想像させる作りになっています。

 

このことから、

大手企業は従業員の「働きがい」というところにアプローチして

求人してきているんですね。

そして、ある牛丼チェーン店では今求人ポスター自体を見なくなりました。

おそらく求人が上手くいったという事だと思います。

未だに中小企業では収入だけのアピールをしているところが多い気がして残念です。

 

では、なぜ今「働きがい」が大事になってきたのか?

 

お金と精神性

僕らが住む日本は、たくさんのモノが溢れ物欲的にはある程度満たされています。

お金さえあれば、色んな物を選んで買うことができます。

もちろんお金は生きる上で必要ですし、無いと生きていけません。

 

でも、働きさえすればある程度のお金を手に入れることができます。

そうすると生活費などの最低限の物欲は消えてしまいます。

夫婦共働きでも仕事をしていれば最低限の暮らしはすることができますよね。

 

 

すると、僕らは何を欲しくなるのでしょうか。

 

そう、仕事に対する「働きがい」が欲しくなります。

働きがいとは、仕事に対する考え方や想いといった精神的なものです。

 

詳しく言いますと、単純に一日の8時間ほどは仕事なわけじゃないですか。

だったら仕事に何か価値を見出したいですよね。

・お客さんの笑顔が見たい

・お客さんに感謝されたい

・楽しい職場で仕事したい など

お客さんも自分も笑顔になれる。これが「働きがい」になります。

 

僕らは、最低限の生活を国に担保してもらっている状態ですので、

お金だけではなく「働くことへの意味」というのが大事になってきます。

言い方を変えると、物質的価値(お金)から精神的価値(働きがい)に

変わっていっている。ということです。

 

まとめ

日本は労働環境の流動化が起きている。非正規社員が増えた。

年功序列が崩れ、色んな仕事を選べるしチャレンジできる環境。

モノが豊かな国なので、物欲は最低限満たせる。

最低限の暮らしは国が担保してくれるので安心感がある。

上記のおかげで、お金第一主義では無くなってきた。

僕らは仕事に対して「お金」+「働きがい」を求めている。

 

今の自分に満足が出来ていない方はご参考にどうぞ

現状に満足できない?では、この考え方を取り入れよう

 

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です