真の自信構築と小さな成功体験の罠

自分に自信がもてなくて人生がつまらない。

いつも人に迷惑をかけてばかりで怒られる自分。

どうせ自分なんて何をしてもダメなんだ。

 

こんな悩みを持つ人多いですよね。

その解決法として一番あるあるなのが

「自信をもちましょう!」

だと思います。

 

じゃ、「自信って何?」

こんな疑問がふと浮かびます。

 

では、自信を辞書で調べましょう。

すると、

・自分で自分の能力や価値などを信じること。

・自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

うんうん、なるほど。

その通りです。

 

でも、それが出来れば苦労はしないわけじゃないですか。

急に「自分に自信をもて」と言われて

「はい、もちました」と二つ返事が出来れば

先ほどの悩みはありません。

 

辞書に書いてあるのは、自信をもった結果しかのっていないからです。

つまり、途中の過程がごっそり抜けているんですね。

 

悩み ⇒ 過程 ⇒ 結果

 

こんな感じです。

自信をもつ過程を知らないから、結果が出ないというのは当たり前ですよね。

その過程こそが、自信をつける方法にあたるわけです。

 

じゃー、どうやって自信をつけることができるの?

 

このような質問がくると決まってこんなセリフが出ます。

「小さな成功体験を積みなさい」と。

 

はい、その通りです。

じゃ、頑張って小さな成功体験を積んでくださいね。

おしまい。

 

 

・・・

 

 

おしまいではありません。

実は、小さな成功体験に依存してしまうと・・・

 

それは、

小さな成功体験に依存すると・・・

僕も小さな成功体験を積んで積んで自分を変えてきました。

 

僕は吃音がバレルのがイヤで、他人の顔色を伺い嫌われないようにし

笑顔で愛想だけは良くして、常にストレスとの闘いでした。

 

話すことが苦手なので、できるだけ人と接しないようにしたり

人が集まるところには参加するだけでも勇気が入りました。

吃音者にとって「どもる」とは人生最悪なことなのです。

 

そんな僕を変えてくれたのが、「小さな成功体験」です。

小さな成功体験の積み重ねは間違っていません。

今も強く強く信じています。

 

 

でも、小さな成功体験に依存するのがヤバイのです。

 

何がヤバイのか。

実は、小さな成功体験とは、外側の出来事なんです。

 

例えば、女性関係であれば

買い物で行ったお店にかわいい店員さんがいるとして、

普通なら声をかけれないところ「あの~、ちょっといい?」と

勇気を出して声をかけてみる。そして、会話を楽しんでみる。

この行為について、小さな成功体験を積んだということですよね。

 

例えば、食事のとき

お店の店員さんが、注文した食事をもってきてくれたとき

「ありがとう」か「いただきます」と言う。

帰りに「ごちそうさまです」と言う。

周りの人は誰も言わないことを勇気を出して言ってみる。

余談ですが、僕の大好きなすき家で「ありがとう」「いただきます」を

聞いたことは一度もありません。

 

これは、日々僕がやっていることですが、

大雑把にいうとこれらの行為に対して、小さな成功体験を積んだ。

ということになります。

 

 

言い換えると、小さな成功体験とは

自分自身の外側にある積みあがったモノです。

積みあがったモノを僕らは自信に変換しています。

 

 

その自分の外側のモノに依存することは悪いことではありません。

事実、それで僕は変わったし、みんな変わることはできると思います。

 

でも、こんな落とし穴に気付いていますか。

自信が崩壊する瞬間

よし、コツコツ小さな成功体験を積んでいて自信がついた!

と言っていても、

もし自分よりもイケメンで会話も上手で、女性にもモテモテで

しかもお金もたくさん稼いでいる。

そんな自分よりも大きな成功体験を積んでいる人を

目の当たりにすると、萎縮してしまいませんか?

 

僕は萎縮してしまいました。

コツコツ積み上げた自信が一気に崩壊する瞬間です。

高く積み上げた自信の塔が「ガラガラ」と音を立てて

崩れてガレキになりました。

 

そう、自分よりも高く大きなモノをもっている人を

見てしまうと自分が霞んでしまうんです。

全ての自信がなくなったわけではありませんが、

ショックを受けて自分を卑下してしまうこともあります。

「やっぱりダメなんだ・・・」と。

 

そうならないように、少し考え方を変える必要があります。

 

 

ここでちょっと質問です。

先ほど、なぜ僕は自信が崩壊してしまったのでしょうか。

 

ヒントは外側だからです。

ちょっと考えてみて下さい。

 

 

・・・

 

 

なぜ自信が崩壊してしまったのかというと、

これまで積み上げた小さな成功体験、

つまり自分の外側だけにフォーカスしています。

 

外側にある自分と他人の成功体験を比べてしまったから、です。

 

自信というのは、先ほどの辞書で

・自分で自分の能力や価値などを信じること。

・自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと。

こう出ました。

良く読んで見ると分かると思いますが、

自信て自分の内側にある気がしませんか?

「自分」を信じることなんです。

小さな成功体験ではなくて。

 

では、自分の内側とは何か?

真の自信構築

自分の内側が大事と言いましたが、

誤解しないでほしいのは、

小さな成功体験は積む必要があります。

僕らのような凡人が、自分を変えたいなら

小さな成功体験は必須だと思います。

 

ただ、小さな成功体験にフォーカスするのではなく

小さな成功体験をした”自分”にフォーカスして下さい。

 

こんな経験したんだ、「さすが俺」と。

「ちょっとだけど行動できた自分、さすが」と。

ほんの少しでもいいんです。

いつもと違うことをしただけで小さな成功です。

 

この自分の内側にフォーカスすると他人などの比較対象がいません。

自分の内側に目を向けているので他人は関係ないのです。

比較対象がいるとすれば、過去の自分です。

 

 

じゃー、過去の自分と今の自分、

どちらが知識・行動・決断など

多く経験していますか?

 

お察しの通り、今の自分が多く人生を経験していますよね。

だから負けません。負けようがないのです。

 

この自分の内側にフォーカスすることが自分を信じること。

つまり”自信”ということだと僕は思います。

 

この考え方を「真の自信構築」と定義します。

 

では、また

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




7 件のコメント

    • pariさん

      いつもありがとうございます^^

      教えて下さりありがとうございます!

      応援ありがとうございます。

      こちらもお伺いしますね^^

  • 絶好調です!

    (*´・ω・)ノこんばんわぁ

    自信とは、

    書いて字の如し、

    自分を信じることですね。

    応援☆

  • 絶好調です!

    | ̄ー ̄)/ドゥモ♪.

    いつもありがとうございます。

    素敵な週末を!!

    応援☆

    • いつでも絶好調!さん

      いつもありがとうございます^^

      はい、自分を信じることを自信といいますよね。

      頭では分かっていても、腑に落とすのって簡単ではないです。

      何かが起きたら他人に聞いたり、ネットでググったりと「答え」を

      調べて安心してしまうのは、きっと自分に自信がないからかもしれませんね。

      応援ありがとうございます!

  • 絶好調です!

    (。・_・。)ノこんにちは

    戦いですね、

    自分を信じられない自分との、

    応援☆

  • いつでも絶好調!さん

    いつもありがとうございます^^

    はい、仰る通りです。

    自分との戦いには負けられませんね。

    応援ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です