自信がないと、人生の質が底辺になってしまうワケ

社会人として会社で働いていると、

自分に色々な仕事が舞い込んでくると思います。

 

そこで、自分に自信がない人は

「ちょっと自信がないから、この仕事はムリだと思います。」

「自信がもてず、先を読んだ行動をすることができません。」

と、弱音をはいてしまう人が多いと感じています。

 

 

自信さえあれば出来るのに。という気持ちを持ちつつも

日々の忙しい業務に追われて、気付いたら大幅に退社時間が過ぎている。

家へ帰れば風呂に入って、布団へバタンキュー。

そして現実は何も変わらず、ただ時間だけが過ぎてしまいます。

 

 

自信がないから、新しいことにチャレンジもできないし

チャレンジしないから現実は停滞したままです。

 

そんなこと僕らは、頭では分かっているんですが

やり切れないジレンマを抱えていますよね。

 

 

いざ行動しようとすると不安でブレーキがかかってしまう。

自分から積極的に仕事に向かえない人の共通点として

”自分に自信がない”ということがあげられます。

 

 

では、”自信がない”とはどういうことなのか?

失敗する結果を予想している

自分では経験したことのない仕事や

前に失敗してしまった仕事に対して

”自信がない”と言ってしまうと思います。

 

 

なぜ、やみくもに”自信がない”と言ってしまうのか。

 

僕はその仕事に対して「失敗する結果を予想してしまう」

ことを無意識に思ってしまうから、言葉で”自信がない”と

表現してしまうのではないかと考えました。

 

 

自信がない = 失敗する結果を予想している

ことを、僕は定義したいと思います。

 

 

失敗する結果を予想するから、

 

「この仕事をしてクレームが起きたらどうしよう」

「どんな想定外の問題が出てくるんだろう、不安だな」

「失敗する姿をイメージしてしまい傷つきたくない」

 

こんなネガティブな感情が頭を支配してしまうので、

心がノンフロー状態となってしまいます。

すると仕事のパフォーマンスも落ちるし

モチベーションもガタ落ちです。

 

そんな状態でする仕事でいい結果は出るはずもなく、

予想していた通りの”失敗”を引き起こしてしまう。

そして、

 

失敗を引き起こしてしまうと

予想していた通りの失敗を引き起こしてしまうと

「やっぱり、自分はダメなやつなんだ」

と、自信をなくすことが当たり前になってしまいます。

それの繰り返しで、考え方もネガティブ思考が定着するようになるし

夢や目標だって掲げられなくなってしまいます。

 

 

なぜなら、自信をなくすことでネガティブ思考が当たり前になり

夢や目標なんて叶わないと思ってしまう。

し、自分が傷つくことから逃げていたいからです。

 

毎日、下をうつむいてトボトボと歩く人になってしまうのです。

そんな人生イヤじゃないですか。

 

最後に

自信がない = 失敗する結果を予想してしまう

 

ことだけで、自分の「人生の質」が変わってしまう

可能性が高いと感じて頂けたのかなと思います。

 

自信がない自分と早くサヨナラをして

楽しく充実した人生にしていきませんか。

 

 

真の自信をつけて充実した人生を送りたいかたは

真の自信構築と小さな成功体験の罠

 

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




2 件のコメント

  • 絶好調です!

    | ̄ー ̄)/ドゥモ♪

    失敗を思い浮かべると、

    そのように失敗してしまいますね。

    応援☆

    • いつでも絶好調!さん

      いつもありがとうございます^^

      はい、そうなんですよね。

      失敗するということを思い浮かべるだけで

      失敗を引き寄せてしまいます。

      応援ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です