小さな成功体験で得た自信は崩壊する?

僕らは、現状の自分を変える方法の一つとして、

自分に”自信を持つこと”に情熱がありますよね。

 

では、自信を持つにはどうすればいいのか。

 

自信を持つには、小さな成功体験を積みなさい。

と、自己啓発書やセミナーでよく言われます。

僕も間違いではなく正しいと思います。

 

 

僕らは、有名な人物やセミナー講師が言う通り

小さな成功体験は大事なんだと思うことでしょう。

「よし、今日から小さな成功体験をするぞ。」

「自分にどんな小さな成功体験があるのか考えよう」

「どのようにして、小さな成功体験を積むべきなのか」

と、”小さな成功体験とは何か”に意識が集中してしまいます。

 

 

すると、何が起きてしまうのかというと

自信を持つことが”目的”なはずですが、

小さな成功体験を積むことが”目的”にすり替わってしまうのです。

 

少し分かりにくいかもしれませんので、

詳しく説明していきます。

 

目的と手段

目的 = 自信をもつ

手段 = 小さな成功体験

 

自分に自信がないから自信を持ちたい。

だから、小さな成功体験を積む。

ということになりますよね。

 

すると、目的とは自信を持つこと。

目的を達成するための手段として

小さな成功体験を積むということは

ご理解できると思います。

 

 

しかし、先ほどのように

「よし、今日から小さな成功体験をするぞ。」

「自分にどんな小さな成功体験があるのか考えよう」

「どのようにして、小さな成功体験を積むべきなのか」

となると、目線が小さな成功体験を積むことに

フォーカスしてしまうのです。

元々手段であるはずの小さな成功体験が

”目的”になってしまう瞬間なのです。

 

小さな成功体験を目的にしてしまうと

目的が、小さな成功体験に変わってしまうと

自分の外側に重きをおいてしまうのです。

「何かを実行して良い結果がでた」

これは、自分の外側に起きた事象です。

この事象にフォーカスをしてしまいます。

 

 

例えば、

内気で女性に話しかけることができなかった人が

あいさつ程度だけど、自分から声掛けができた。

 

 

周りの目を気にして、コンビニのレジ前に並んでいる惣菜や

中華まんを注文できない人が、

堂々とレジ前に陳列している惣菜や中華まんを注文できた。

 

 

これらは、小さな成功体験となりますが、

どちらも自分の外側に起きた事象になります。

自分が何か行動して、その場で良い結果が出た。

ただそれだけです。

 

もちろん、行動した結果は大事なのですが

自分の外側にフォーカスしてしまうと

こんな瞬間が訪れます。

 

外側の自信が崩壊する瞬間

行動した結果の量が、小さな成功体験の量

この小さな成功体験の量が、自信へと変換される。

おそらくこう考えていませんか。

 

その考えは間違ってはいないのですが、

 

ただ、自分よりも小さな成功体験の量が多い人を

目の前にしたとき、途端に自分の自信が喪失してしまいます。

なぜなら、他人と比較して量的に負けてしまうからです。

 

 

例えば、

好きな女性に話しかけることが出来てきた!

と小さな成功体験を積み、自信がつき始めた矢先。

その女性をモテ男が目の前でかっさらっていく

光景に出くわしたとき、自信なくなりませんか?

 

 

自分よりも多くの恋愛経験をしてきたであろうモテ男に対して、

モテ男と自分を比較してしまい自分が情けなくなりますよね。

 

 

これが、自分の外側にフォーカスして得た自信が崩壊する瞬間です。

モテ男の自信と、自分の自信に差がありすぎて

負けたと感じるのです。

結果、女性はモテ男についていってしまいました。

 

 

そんなショックな出来事が起きてしまったら

これまで、積み上げてきた小さな成功体験は何だったんだ!

と、自分に対して喪失感や怒りなどが出てしまい

「やっぱり自分はダメなんだ」と思ってしまうかもしれません。

 

 

でも、自分の内側に目を向けると

真の自信は内側から沸いてくる

小さな成功体験を積むのは大事です。

それにもう一つ工程を加えましょう。

これが大事だと僕は思います。

 

 

どんな工程かというと、小さな成功体験を積んだら

外側の結果に対して「よし!」と言うのと同時に

自分自身に対して「さすが俺!」と褒めて下さい。

 

 

小さな成功体験を積むことができる自分に感謝です。

「よく行動したな、さすが俺」

「例え失敗しても、勇気を出せる自分は素晴らしい」

 

外側の結果だけではなく、内側の自分の”心”にも目を向けましょう。

 

 

心に「自分はできるんだ」というエネルギーを増やしてあげることで、

心もフロー状態になり、良いパフォーマンスを発揮できます。

心の状態が、全てのパフォーマンスを決めますので。

 

その自分の内側から”真の自信”が溢れてくると僕は思います。

真の自信は、他人との比較ではないので崩壊しません。

 

 

最後に

目的が自信をもつことでしたので、

小さな成功体験という手段にフォーカスすると

外側の脆い自信がつくことになる。

 

 

そうするのではなく、

結果を出せた自分自身(内側)にフォーカスすることで、

真の自信がつくようになる。

 

 

もし、真の自信がついたなら、

先ほどのモテ男に女性を取られたとしても

「ま、いいか。縁がなかったんだな」

「女性は他にいくらでもいるし」

と自分の心に余裕が生まれます。

 

その余裕が、新しいチャンスを引き寄せるんですね。

 

ぜひ、真の自信を構築して人生を楽しくしていきましょう!

 

 

自信がない人は参考にどうぞ

自信がないと、人生の質が底辺になってしまうワケ

 

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




2 件のコメント

  • 絶好調です!

    (*^・ェ・)ノ こんばんは♪

    小さな成功体験は

    次につながりますね・・・

    応援☆

    • いつでも絶好調!さん

      いつもありがとうございます^^

      はい、小さな成功体験と自分の内側、

      両方で自信をもつことが大事ですね。

      応援ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です