内気な僕らが成長しなければならないワケ

最近、僕の中で大事だなと思う言葉があります。

それは、「諸行無常」(しょぎょうむじょう)です。

 

諸行無常の意味を”故事ことわざ辞典”で調べると

 

この世に存在するすべてのモノは、同じ状態を保つことなく

移り変わっていき、永久不変なものなどないということ

仏教の教えらしいのですが、

”世の中はいつも変化している”ということですよね。

「そうだよなー」と共感したわけです。

 

僕ら人間だって、年をとって老化していきますよね。

今日は体は元気だったのに、明日は腰を痛めてしまうかもしれません。

 

車や家だって、年を追うごとに劣化していきます。

近い将来、車も油漏れするかもしれないし、

家も床がミシミシいうかもしれません。

 

すべての物事は変化しているんですね。

 

すべてが変化しているから、僕ら人間の文明の進歩もありました。

僕らには感じにくいですが、きっと人間の遺伝子も進化していることでしょう。

 

内気な僕らも変化するべき

そう考えてみると、今の”現状のまま”がいいとは思えませんよね。

内気で消極的で自分から行動に移せない。

変えたいけど、変えられない。

このジレンマは分かります。

 

しかし、変化しているのが世の中の当たり前なのに

内気だから~、と変化を拒んでいるわけにはいきません。

 

一歩足を踏み出す勇気をもつのが大事だなと

僕は思います。

 

 

めっちゃ単純に考えてみると、

世の中が進化(つまり変化)しているのに

自分だけ停滞だと何か怖いと思いませんか。

 

自分と世間との間で”差”が開いていく一方だと僕は捉えてます。

 

例えるなら、

数年前までのスマホが無かった時代と今の時代

今の僕らはスマホをある程度扱えていますよね。

これって進化(変化)と言えるのではないでしょうか。

 

今の時代でスマホを扱えない人は(停滞している人)

スマホを使える人との”差”が生まれているのと感じます。

 

どんな差かというと、

素早く世間の情報を手に入れる速度の差と、

SNSなどで人間関係を楽しめる差です。

 

 

スマホの例だと分かりやすいですが、

自分の性格の例だとイメージがつきにくいと思います。

会社での例をあげますと、

 

年下の子たちに抜いていかれる

自分の年下の子たちが、この時期新しく社会に進出してきますよね。

新社会人たちが積極的な人が多かったらどうでしょう。

会社でも対人関係でも自分よりも楽しい人生を歩んでいくことが

見えてくるのではないでしょうか。

 

 

例えば、あなたの会社に入った後輩が、明るい性格で積極的だとしたら

あなたの上司はあなたと後輩どちらに目を向けますか?

 

この質問をされると「ドキッ」としませんか。

 

 

誰だって、明るく元気で活発な人が近くにいると

こちらまで元気になりますよね。

上司だって例外ではありません。

自分の子供くらいの年齢なら、可愛がってあげたくなります。

 

 

仕事の面においても、

いろんなチャンスが積極性のある後輩に巡ってきやすいでしょう。

したがって、成長するスピードも速くなります。

すると、、、

いつのまにか後輩が自分の上司になっていたりするのです。

 

 

これが、現状に甘んじて内気で居続けた場合の例えです。

こうはならないかもしれませんが、

近い状態にはなると思います。

 

 

最後に

すべての物事は変化し続けるという「諸行無常」を

心に留めておくのが大事だなと思うのは僕だけでしょうか。

 

諸行無常だから、自分も成長しないとなと

僕はいつも考えています。

 

 

一方、現状のままの内気でも最低限の生活は送れます。

食べ物だって豊富だし、国から最低限の保証もあります。

内気だからって死ぬことはありません。

 

でも、人生の質においては”?マーク”がつきますよね。

一度きりの人生楽しむべきではありませんか。

 

 

僕らが住んでいるのは、

楽しく人生を過ごすことが許される日本じゃないですか。

飢餓や内戦で苦しんでいる人からすると天国だと思います。

 

幸せな環境で生きていることを忘れずに感謝して

精一杯生きるのが大事だと僕は思います。

 

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です