【画像あり】楽天証券&楽天銀行の口座開設の流れを高齢者でも分かるように解説!




こんにちは、テッシーです。

今回は、投資信託などでプチ投資家になるために第一の関門である

 

【楽天証券&楽天銀行での「口座開設」】

 

についての流れを画像をつけながら詳しく解説していきます。

高齢者でも見ただけで分かるように解説していきますので、インターネットが苦手な方も安心して下さいね。

 

まず投資信託を始めるときは、必ずどこかの証券会社や銀行・保険会社などで「口座」を開設しなければいけません。

そうですねー、銀行口座を新規につくるような感覚と思って頂ければと分かりやすいでしょうか。

そこで、どの投資の本にもおすすめで載っている「楽天証券」での口座開設と、ついでに「楽天銀行」の口座開設もしました。

 

ただ、そのとき、口座開設の仕方が分かりずらい部分もありましたので、画像をつけながら詳しく解説することにしました。

  • イマイチ投資信託口座の開設の仕方が分からない方
  • インターネットを使うのが苦手な方
  • 開設をしたいけど文章だけでは分からない方

こんな方のお役に立てると思いますので、ぜひ最後まで一緒に開設をしていきましょう。

 

楽天証券での口座開設の仕方

まずはこちらから「公式サイト」に行きます。

別窓で表示されると思いますので、こちらを見ながら口座開設をしていきましょう。

 

口座の申し込みの流れ

↓公式サイトに移動するとこの画面が出ると思います。

(ちなみに僕はiPhoneで登録しました。パソコンでもほぼ同じ画面なはずです)

↑赤枠で括った「口座開設」をタップします。

 

↑次に楽天会員であれば上の方、楽天会員でなければ下の方をタップ。

(僕は楽天会員でしたので上の方でした)

 

楽天会員の方

楽天会員の方はログインします。(会員でなければ↓へ)

また、足りない会員情報も埋めていくことになります。

 

楽天会員でない方

楽天会員でなければこの画面から、名前や住所など詳しい個人情報を埋めていって下さい。

 

口座開設の流れの続き

会員の方も会員でない方も、ここまでである程度の個人情報を埋めていくことになります。

ここで合流して次からの流れは一緒です。

↑口座の種類と源泉税をどうするのか決めます。

源泉税とは、儲かったお金にかかる税金の計算を自分でするのか楽天証券に任せるのか?ということです。

画像のように一番左がおすすめなのですが、僕は副業もしていて個人でも確定申告をしているので真ん中にしました。

もし、副業をされていない方でしたら一番左でOKだと思います。(税務署への納税など面倒な手続きをすべて楽天証券でやってくれます)

 

↑下にスクロールすると「NISA口座」を開設するか選びます。

NISA口座は、年間で120万円までの利益に税金がかからないようにしてくれる措置だったと思います。

僕はどうしようか迷ったので一番右の「開設しない」にしました。なぜなら、最初は数百円か数千円くらいの小さな利益なので意味がないからと思ったから。

(これはいつでも変更できるみたいですので、迷ったら開設しないで良いかと思います。)

 

↑さらに下へスクロールすると

  • 楽天銀行口座の申し込み
  • 個人型確定拠出年金の申し込み

がありますが、ここはご自身のお好きにするといいと思います。

(僕は楽天銀行口座のみ開設し、個人型確定拠出年金の申し込みはよく分からなかったので「申込まない」にしました。)

 

↑さらに下へスクロールすると、

  • 楽天FX口座の申し込み
  • 楽天信用口座の申し込み

がありますが、僕はどちらも「申込まない」にしました。ここもご自身のお好きなようにするとよろしいかと思います。

 

申し込み内容の確認

ここでご自身が入力した情報を確認します。

そして、下へスクロールすると、赤枠の中を「カナ」で入力しなければいけません。

(僕はここが見つけられず少し足踏みしました笑)

 

↑カナを入力して「内容確認」をタップするとこの画面になります。

ここで「同意して次へ」をタップ。(赤枠上の✔マークをつける)

 

本人確認書類の提出

↑ここで免許証や保険証などの写真を撮り、楽天証券へ提出します。

僕はこのままスマホで写メを撮って送るので「スマートフォンから提出する」にしました。

下の青枠の「提出方法を確定しアップロード画面へ」をタップ。

 

↑自分で写メを撮って(免許証は裏表)送るとこの画面になります。

僕は「楽天銀行口座の申し込み」もしたので、続けて赤枠内の「楽天銀行口座を開設」します。

 

翌営業日になると楽天証券からメールが届きます。

僕はこの記事を書いている前日に開設したので、現状は口座開設待ちです。

 

・8/31追記。楽天証券から簡易書留が届きました。

 

楽天証券の口座開設のみの申し込みの方はここで終了です。

お疲れ様でした。

 

もし、僕と同じように楽天銀行の口座開設をされた方はもう少しお付き合い下さいませ。

 

楽天銀行での口座開設の仕方

では、楽天証券が終わってお疲れかもしれませんが、楽天銀行の手続きも進めていきましょう。

↑先ほどの楽天証券の画像ですが、こちらの赤枠をタップします。

 

口座開設の申し込み

↑すると、楽天銀行の手続きに入ります。

おそらくあなたは日本人だと思いますので、どちらも上にチェックマークをつけましょう。

 

キャッシュカードの選択

つぎに銀行口座に必要なキャッシュカードを作っていきます。

クレジットカード機能がついていたりで便利なんですね。

↑次にキャッシュカードを作るために、好きなものを選択します。

主に3種類がありますのでざっくりと説明します。(お分かりだと思いますが)

  • クレジットカード(支払いを後日にしてツケで買い物をすること)
  • デビットカード(お金の代わりに銀行残高からすぐに引かれるもの)
  • キャッシュカード(お金を引き出すだけ)

 

↑オレンジ色の上にあるアンダーラインをタップして内容を読んだら、オレンジ色の部分をタップします。

 

↑僕はクレジットカード一体型を選んだので、お名前から必要事項を入力します。

 

↑ご自身の個人情報を入力しましょう。

 

本人確認の手続き

↑この画面がでますと、登録したメールアドレスにメールが送られます。

また、本人確認の手続きをするので、スマホで楽天アプリをダウンロードします。

 

↑このように分かりやすくやり方が載っていますので一つずつゆっくりと手続きを進めましょう。

つまずきやすいステップは↓で解説しますね。

 

・ステップ1

↑今は上の資料よりも選択肢が増えていますので、赤枠でくくった「口座開設申込」でOKです。

 

・ステップ2

↑ステップ2の赤枠内は、右側の画像のメールに届いた番号とご自分の生年月日を入力します。

あとのステップは説明の通りにやっていけば大丈夫だと思います。

なお、運転免許証などの写真はスマホを横にして写真を撮ります。(写真が横長になるように)

 

本人確認書類の送信後

↑スマホで運転免許証などを撮って無事に送信できると、このようなメールが届きます。

僕は夜に送ったため、翌日に送られてきました。

 

あとは、後日簡易書留でキャッシュカードが送られてくるのを待つだけです。

(クレジットカード一体型ですと審査があるので時間が多めにかかるみたいですね)

 

 

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です