「失敗」と「まちがい」、行動するために必要なこととは?

失敗が怖いから行動できない

僕らは、自分を変えるために何かしなければいけません。本読んでみたり、勉強会に出てみたり、友人・仲間たちと討論してみたり。そのときはモチベーションがあがって行動しようとなりますよね。

でも、いざ自分一人の環境になってしまうと失敗が怖くて腰が重くなってしまいます。

 

そのまま時間だけが過ぎていき、行動できない自分に自己嫌悪してしまいませんか。その行動できない原因が「失敗が怖い」という感情なんですね。

失敗したら、全てを失ってしまうんじゃないか。恥をかいてしまうんじゃないか。バカにされるんじゃないか。といったネガティブ感情に支配されてしまうから行動ができないと思います。

 

ですが、行動をしないと結果は変わりませんよね。自分を変えることができません。

では行動ができるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

自分が望む結果ではないことが、「失敗と思い込む」ことを払しょくするのがいいのかなと僕は思います。

 

失敗とまちがいの違い

失敗することと間違うことは全く意味が違います。詳しくみていきますね。

・失敗とは、

目的や目標達成を諦めることをいいます。「行動したけどムリだからもういいや」と目的や目標から目を逸らすことが失敗です。つまり、諦めたらそこで試合終了なのです(スラムダンクの安西先生風)

 

・まちがいとは、

自分が望む結果が出なかったことをいいます。目的や目標はそのままの状態で、前向き思考で諦めない気持ちをもつことです。諦めなければ失敗という言葉がありません。

自分が望む結果を正しいこととすれば、正しくないことが分かったとも言えます。この状態で物事を考えることが「失敗は成功の母」とよく言われることです。

 

それで、僕らは完璧人間ではありません。まちがいの中から成功を掴み取っていくんですね。

まちがいを重ねて成功する

僕らはロボットではなく人間なので必ず間違います。一回で全て自分の望む結果を手に入れることはできません。どんな有名な成功者でも、まちがいを重ねて成功したのです。

まちがいを繰り返して何かを学び、教訓にして再度チャレンジする。そのサイクルを繰り返して一歩ずつ小さな成功を積み重ねていきます。

 

うまくいけばいいですが、まちがいが続いて自暴自棄になったり諦めかけることもあると思います。でも、そこで踏みとどまって再度チャレンジした人が成功者となると僕は思います。

お金持ちだけが成功者ではなく、自分の人生を生きている人が成功者だと僕は思っています。自分の人生を生きている人は例外なくストレスフリーな人間関係を築いています。この状態が毎日が楽しいということです。

では、どうすれば自分の人生を生きて毎日楽しめるのか?

 

小さなチャレンジの積み重ね

自分の人生を生きて成功するためには、小さなチャレンジが欠かせません。いきなり大きなチャレンジをしようとすると心の負担が大きくなってしまうので小さくチャレンジすることが大事です。

小さくチャレンジすることで、まちがいを極力抑えることができるし負担も減ります。ボヤッとしてるので具体的に言いますと、小さくチャレンジをするためにはベビーステップにすることが大事です。

 

ベビーステップとは、文字どおり赤ちゃんがハイハイで登れるくらいの段差にしてあげることです。自分の目的や目標達成までの道程を紙に書いて、小さく細分化することで、今やるべきことが明確になります。

 

例えば、目的が「女性にモテること」とします。

漠然と女性にモテたいと思っていても、現実は何も変わりません。いくら本やネットで勉強しても行動できないからです。モテたいってボヤッとしてますよね。

そのため、何をすべきなのか細分化します。

 

まずは、見た目の第一印象を変える必要があります。その後、最低限必要なマインドセットを頭に叩き込みます。そして会話術やライン術などのテクニックを覚えて、女性との接点を増やして、数稽古をしなければいけません。

そうやって細分化することで色々見えてきましたね。

 

まずは、第一印象を整えることに集中します。最初から会話術やライン術を覚えても意味がありません。そもそも女性から興味をもたれていないからですね。

ベビーステップにすることで、第一印象の改善が必要だと分かります。

 

ベビーステップにすると行動できる

こうやってベビーステップで細分化するとやるべきことが見えてきます。頭の中でボヤッとモテたいと思うよりもスッキリしますよね。頭がスッキリするから行動ができます。

仕事術でいうと「見える可」に近いかもしれませんね。

 

で、

僕がおすすめするのは、さらに細分化した一つ一つをステージと考えて

「できなかった第一印象を整えることができたらステージアップした」

と考えることです。

一度ステージアップしてしまうと簡単にはステージダウンしません。第一印象を整えることが自分の中でルーティン化すると、手を抜くことが恥ずかしくてできなくなります。第一印象を整えることが普通になるんですね。

 

 

自分の中で何かしら目的や目標があって、なんか行動できないし達成するイメージがつかない人は、ベビーステップにして細分化してみて下さい。

紙に書きだすことで頭の整理にもつながりますので。

まー、少し手間はかかるかもしれませんが、やってみる価値はあると思います(^o^)

 

応援しています。

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です