【ネガティブな人は必見】笑顔がポジティブ感情の引き金になっているワケ

笑顔になるのが苦手

嬉しいコトや楽しいコトがあっても笑顔になるのが苦手です。という方が意外と多い気がします。

誰かに褒められても素直に喜べない、本音ではバカにされているんじゃないか、そもそも自分に自信がないから褒められても受け入れられない、強面で笑顔が苦手、嬉しいんだけど引きつって不自然な笑顔になってしまうのがイヤだ、など。

僕らは笑顔が大事だと知っています。笑顔だと好印象になるし、人付き合いも良くなるし、相手も笑ってくれます。良いコトしかないですよね。

でも、自分に自信がなかったり素直に喜べなかったりして笑顔になるのが苦手だから、自分は人間関係をうまく築けないと悩む人も多いです。

 

その悩みがさらに自分自身の笑顔を減らしネガティブ思考へと向かってしまいます。

 

笑顔が苦手というネガティブなことが、下を俯いたり自分を卑下したりして表情を暗くしてしまいます。それが、さらにネガティブを呼ぶという負のスパイラルにハマってしまうんですね。だから苦しい。

なので、どこかで負のスパイラルをズバッと断ち切る必要が出てきます。それが今です。

 

別に本当の笑顔にならなければいけないことはありません。作り笑顔でOKです。なぜ作り笑顔でOKなのかをちょっと見ていきましょう!

 

感情フィードバック仮説

昔から「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる」という言葉があります。

これは、「楽しいコトが起きるから笑顔になる」という僕らが当たり前に思っていたことを覆し、「笑顔になるから楽しいんだよ」ということを言っています。これを感情フィードバック仮説と言います。

感情フィードバック仮説とは、顔の筋肉の情報が脳に伝わることで「楽しい」「嬉しい」「悲しい」「怒り」といった様々な感情が引き起こされるということです。近年、海外で科学的に検証されました。その研究結果で、顔の筋肉と心の状態が密接に関わりあっていることが分かっています。

 

誰でも経験があると思いますが、ちょっと辛いコトがあったとき作り笑顔をしたら、なんとなく気持ちがスッと楽になった経験があるのではないでしょうか。

このことから、作り笑顔でも十分効果があるんですね。「本当に楽しいから笑う」ではなくてOKです。最初に顔から入っても大丈夫。どんな笑顔でもポジティブな感情を引き起こすと言われています。

 

余談ですが、僕が実際やっていることで、仕事に出掛ける前に「今日も仕事を楽しむぞ」と微笑みながら言葉に出すんですね。すると、以前はイヤな仕事ややりたくない仕事があるとき、気持ちがブルーなままで出掛けていたんですが、今は自然と前向きに捉えることができるようになったんですね。

この「今日も仕事を楽しむぞ」をしかめっ面で言ったとしたら、おそらく前向きにならないはずです。

もし良ければ一週間でもいいので、仕事の前に微笑みながら「今日も仕事を楽しむぞ」とやってみて下さい。僕が言っていることが実感できると思います。

 

それともう一つ、笑顔になると脳波が変わります。

 

笑顔になるとα(アルファー)波がでる

本当の笑顔でも作り笑顔でも、笑顔になると脳が「ポジティブな感情」として捉え、α波という脳波をだします。自分の感情を良い方向にコントロールするうえで欠かせないのが脳波です。ネガティブ思考で毎日が辛いと感じている人は、脳波をα波にすることが大事になります。

 

α波とは、リラックス状態になったり集中力や記憶力を向上させる働きがあります。笑顔になることで誰でも簡単にα波を出すことができるんですね。

笑顔になることで、リラックスできストレスが減ります。集中力や記憶力の向上により学習効果も増します。笑顔になることは、得しかないということです。

他にα波を出すには、自然と触れ合ったり、散歩したり、目を閉じて瞑想したり、作業に没頭するなどありますが、今すぐにできそうなのは笑顔ではないでしょうか。

 

ぜひ、笑顔になって楽しい毎日を送れるように陰ながら祈っております。

応援しています。

では、また。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です