職場の嫌味な上司がもつ3つの心理と3つの対処法で逆論破!

嫌味な上司

毎年4月はピカピカの新社会人が増えて、各会社・企業さんは活気にあふれていると思います。

その新社会人の最初の試練として嫌味な上司との関係があります。サラリーマン共通の悩みといってもいいかもしれませんが、嫌味な上司はどこの会社でも必ず一人はいますよね。

 

もし、あなたがあの有名な「イヤミ課長」みたいな上司がいる部署に配属されたら、きっと「あー、マジかー!」と自分の将来を悲観してしまうはずです。

 

 

えば、仕事を覚えたてのあなたが嫌味な上司に、会議の資料作りやコピーを頼まれて一生懸命やっても「ここに置いてて、てか、やっと出来たのかぁ(ため息)」とか、

ちょっとのミスをしただけで「ノロマ」「よくここ(会社)に入れたよね!」とか言われたり、

仕事がまだ未熟で段取りよくできないとき「給料ドロボーですか?」「使えねーな、やめてもいいんだよ」などなど

 

 

こんなパワハラとも取れる言葉の暴力で、部下のことを叱責したり、部下のやる気を削いだりします。

で、自分だけノホホンと孫の手で肩を叩きながら仕事をしている、最低な上司なわけです。

 

誰だって、そんな最低な上司の元で働きたいと思わないですよね。

「仕事をバリバリ頑張ってたくさん給料を稼ぐんだ!」とどれだけあなたが思ってたとしても、

嫌味な上司にやる気やモチベーションを下げられたらどうしようもありませんよね。

 

そんな嫌味な上司がもつ、3つの心理状態をまず知りましょう。そして、誰でもできる3つの対処法で、自分の仕事を自分の手で守っていきましょう。

 

嫌味な人がもつ3つの心理

最低な性格の一つである「イヤミ」ですが、彼らが無意識でもっている心理状態を知ることで、

人間関係でうまく立ち回ることができ、職場内でのストレス軽減に役立つはずです。

 

それで、嫌味な性格の人はこんな3つの心理をもっています。

 

1、自分が満たされていない

2、幼少期の環境

3、精神年齢が低い

 

イヤミな性格で人に接してしまう人は、無意識的にこれら3つの心理を共通してもっている場合が多いです。どういうことか詳しく見ていきます。

 

1、自分が満たされていない

一言で言うと、不平不満です。

プライベートで家族との会話がなかったり、奥さんや子供に嫌われていたりして「俺が稼いでやっているのに」などプライベートに不満をもっているから仕事でストレス発散をする人。

 

さらに、上司の同僚が仕事ができる人だったり、他部署の成績に自分の部署が負けているとき、「くそっ」「うらやましい」など嫉妬心がメラメラ燃えて部下に八つ当たりする人もいるでしょう。

 

また、自分に自信がなく、部下や他人を見下すことで「自分の方が上なんだ」と、自分を認めてほしい自己承認欲求が高い人。そのため、自分を認めさせるやり方が「イヤミを言うこと」になっていたり。など

 

自分以外の何かに不平不満をもっており、自分を分かって欲しくてガマンができない人です。

その矛先が僕らに向かっているのです。

2、幼少期の環境

僕らには必ず先祖がいますよね。血の繋がった家族がいて、僕らは親や親戚の影響を受けて育ってきました。

僕らの性格は、生まれ持ったものもありますが、自分が育てられた環境も自分の性格にダイレクトに繋がっていきます。

 

えば、親に褒められなかった記憶がない人は、成長して社会人になり部下をもったとしても部下を「褒めること」ができません。

 

自分が褒められた経験がないため、だれかを褒めることができないのです。それどころかダメなところばかりを指摘して部下のやる気を削いでしまいます。

ほとんどの人は「子供じゃないんだから」「褒めたら堕落する」など褒めることを過小評価していますが、人は褒められるから頑張れるのです。

人を褒めるスキルはとても大事ですよ。

 

そして嫌味ばかりをいう、嫌味な性格も環境によって育てられました。

えば、親がイヤミな性格で他人に嫌味を言っているのを間近で聞いていたり、自分が親から嫌味を言われて育ったため、他人に対して無意識に嫌味を言ってしまうのです。

 

これが無意識の領域に刻まれてしまうため、自分で気づくのは厳しいです。嫌味な性格を治すのは難しいでしょう。

なので、まともに相手にしてはいけません。

 

3、精神年齢が低い

僕らは、ふだん頭で話すことを考えてから口に出します。あなたもそうですよね。まず、頭で話す内容を考えてから発言すると思います。

 

僕らは、やんちゃな幼少期から学生時代をすぎ社会人になるにしたがって、いろいろな経験を積み、言葉を発する前に「これを言っていいのだろうか」という論理的思考が育っていきます。

そのため、相手を傷つける言葉を言わなかったり、空気を読んで発言や行動ができるわけです。

 

も、子供ってどうでしょう。思いついたことを「ペロッ」と言ってしまうと思います。まだ論理的な考えができないから当然です。

実は嫌味な人はそれに似ています。

 

僕は親戚の幼稚園児や小学校低学年の子供に「キモイ」「くそじじい」とか言われてしまうのですが(笑)

 

そんな軽いノリで、嫌味な人は他人に「イヤミ」を吐き捨てるのです。

 

言われた方の気持ちを考えることもしません。

もし、相手が幼稚園児や小学生だったら「このやろー(笑)がおー!」」ってできますが、彼らは立派な大人です。

 

つまり、自分をコントロールできない証拠なんですよね。常識が無いとも言えます。精神年齢が低いのです。

僕が言う精神年齢の高さとは、他人の気持ちを考えることができるのが精神年齢が高い人です。

 

嫌味な性格の人って、精神年齢が低いなーと僕は思っています。そんな人たちをまともに相手にするのってバカバカしい気がすると思うのは僕だけでしょうか。

 

で、

これら嫌味な性格の人がもつ3つの心理を知ったところで、次に3つの対処法をお話していきます。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です