小さな成功体験と小さな失敗体験。どっちが自分のステージアップに繋がるのか?

小さな成功体験と小さな失敗体験

僕らは自分を変えたいため、自分に自信をつけたいため小さな成功体験を積むと思います。

一つの目標をもって、目標に伴う行動で良い結果がでたとき、小さな成功体験として積むのが普通ですよね。ですが、小さな成功体験を意識していないと「小さな失敗体験」ばかりに目がいってしまいます。

良かった結果 = 小さな成功体験

こんな公式で物事をみるため、それ以外の結果は「小さな失敗体験」として脳裏に焼き付けてしまうんですね。

この捉え方が逆に自分を苦しめる原因になってしまうのです。

良かった結果というは、毎回あるわけではありませんよね。何度も失敗して改善してを繰り返したり、ときには挫折して「もうムリ」と投げ出してしまったり。

結果というのは、良いコトばかりではない。このことが小さな成功体験を積む際のハードルになってしまっているのではないでしょうか。

この「良かった結果」に執着することで自分が苦しんでしまうのです。

では、どうすれば自分を楽にして自己成長が望めるのでしょうか。その答えは、考え方を変えるということです。

 

結果ではなく過程

結果というのは、一番最後にくる出来事です。しかし、結果がでるまでには、いくつかの過程が存在していますよね。

その”過程”にフォーカスをしましょう、ということです。言い換えると「過程においてできたこと」にフォーカスすることです。

 

例えば、女性をデートに誘う場面

自分が好きな同僚の女性と仲良くなって、LINE交換も果たした。ほぼ毎日LINEをして関係性を構築してもう2週間。そろそろデートにでも誘いたいので、勇気をだしてデートに誘ってみた。

結果は、「今忙しくて時間がない」・・・男は肩を落とします。

「もしかしてデートに誘うのが早かったかな?」「俺って嫌われているんじゃないだろうか?」「明日から会社でどんな顔すればいいんだろ」「デートに誘って失敗した」「俺はダメなやつ・・・」

もし自分がこんな結果になったとしたら、この考えになった男はほぼ100%でしょう。

この考えが、結果にだけフォーカスした小さな失敗体験というわけです。

 

この考え方をガラッと変える必要があります。

 

では結果ではなく、過程にフォーカスしてみましょうか。

 

そもそも、好きな女性と仲良くなった成功体験。LINE交換したという成功体験。ほぼ毎日LINEできたという成功体験。勇気をだしてデートに誘えたという成功体験。

一番最後の結果である「今忙しくて時間がない」に比べて、今ザッと書きなぐった最低4つの小さな成功体験が隠されているんですね。実は上で書きなぐった4つを深堀してももっと成功体験はでてきます。

 

とにかく、

この過程にフォーカスをしましょう。ということです。

 

小さな成功体験を見つける

きっと、ここまで細かく噛み砕いて小さな成功体験を積んでいる人はほぼいないと思います。どうしても、目の前にある大きな結果というモノに目線がフォーカスしてしまうんですね。

僕だって、気を抜くと気づかないですから。

この「失敗した結果」だけにフォーカスしてしまうと、小さな失敗体験ばかり積んでしまうんですね。これでは自分を変えるのには時間がかかります。そして挫折が待っています。

 

僕らが挫折を回避するには、小さな成功体験を見つける努力をしなければいけません。

そのために、物事を小さく分解するクセ、結果ではなく過程を意識するクセが大事だなと思います。

 

このことから自分のステージアップに欠かせないのは、今までの考え方をガラッと変えることです。小さな成功体験を積むこと。小さな成功体験を見つけること。この視点がめっちゃ大事ですので。

 

応援しています。

では、また

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます



kindle出版させて頂きました^^

もし良ければ購読して下さい

↑画像クリックでamazonへ行きます。
Kindle Unlimited(読み放題プラン)をご利用の方は無料で読めるのでおすすめです^^

↓登録まだの方はぜひ!「30日間無料」です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です